伊礼彼方の物見遊山

CHICAGO① 2009年10月観劇

2009/10/15

BUTAKOME

どうもお久しぶりです。今日シカゴから帰ってきました。

「The Musical AIDA」の公演が無事終わり、気分転換にちょっくら行ってきたんですが・・・。
いいですね、シカゴは。
あの香り・・・、あの華やかさ・・・、あの熱・・・、
やっぱ、シカゴはいい!!!
僕のオススメです。一度行ってみてください!

まぁ、シカゴはシカゴでも、
ミュージカル「CHICAGO」ですけどね(笑)
うっひひひひ!(引っかかった?引っかかったあなたは純粋な証拠!)

さて、初めてのブロードウェイ来日公演!を観たわけなんですが、
映画やDVDなど、普段から字幕スーパーを見ない僕にとって字幕の舞台は「どうなんだろう?」と、
観劇前は不安でした。
これに関しては見事不安通り、「疲れる」と思った。
役者に集中したいのに字幕を読むと表情が見れない。
表情を見ると内容を見失う。

「どっちも見たい!どっちも感じたい!」という欲求不満がうまれてしまった。
一回じゃ満足は出来なかった。
だからもう一度観に行きたいと思っているんですが・・・。

とまぁ、マイナスなイメージから入った「CHICAGO」なんですが、
こんな事もあろうかと思い、事前に映画版を観て内容は確認済み。
なので、ちょっと大袈裟に言ってみましたが(笑)観終わった頃には
「観れてよかった」と心から思いました。
[ 続きを読む.. ]

落語

「J亭 談笑落語会 四季 冬」先行発売開始!

2009/10/11

jtwinter 

 フジテレビ「とくダネ!」リポーターとしてもおなじみの立川談笑師匠による季節感あふれる落語会が「J亭 談笑落語会 四季 」。いよいよラストシーズンとなる「冬」の会の「チケットファン」会員先行発売が10月10日(土)よりスタートしました。
 フィナーレとなる2月の会にはスペシャルゲストとして兄弟子の立川志の輔師匠の出演も決定! 10月17日(土)より一般発売が開始されますので、チケットはお早めに!

「チケットファン」 http://w1.onlineticket.jp/living
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

CHICAGO速報  2009年10月観劇

2009/10/09

BUTAKOME

台風18号、東京上陸の日。
雨にも負けず、風にも負けずに、行ってきました!!

今回は、伊礼彼方・観劇コラム、初の海外招聘公演
「CHICAGO」。

皆さん、知っていますか?
この公演に「大澄賢也さん」が出演されているんですよ。
僕はもうビックリでしたよ!!
何にって?
大澄さんが、海外の魅力的な出演者に負けず、
逆にリードしている感じで活躍されていて
日本人として誇らしかったです。

終演後、大澄さんからいろいろ貴重なお話を聞かせていただきました。
僕が見た日は、まだ3日目のステージだったそう。
それにもビックリでしたが
「これから、まだまだ毎回、進化していくよ。今後にも期待してくださいね」って
大澄さんがおっしゃってました。

後半、もう一度、観に行きたいと思ってます!!
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

大阪「アイーダ」感動のフィナーレ!!

2009/10/09

BUTAKOME

「アイーダ」大阪公演も、無事終わりました!

大千秋楽カーテンコールでご挨拶しながら、
1階、2階、3階と舞台上からお客様を隅々まで見ていて本当にパワーを感じ、
熱いものがこみ上げてきました。

この公演で一番感動したのはトーコ(安蘭)さんとファンの皆様との
見えない「絆」を強く感じられたことです。

僕の目指していることなんですよ。
お客様と演者が、客席と舞台で絆で繋がること。
それを一緒に体感できたのがすごく幸せでした。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

えるこみ観劇ツアー第二弾【アイーダ】 <お客様感想編>

2009/10/08

えるこみ観劇ツアー第二段「The Musical AIDA アイーダ」お客様感想編です!

しっかり全部読ませていただきました!!

全部掲載できなくて残念です。
[ 続きを読む.. ]

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成21年8月分)<4>

2009/10/08

今回は8月21日「J亭」の演目、全4話。談笑落語会の夏より4本の演目をご紹介します。

『お化け長屋』

082101 長屋の連中が共同の物置代わりに使っていた一軒の空き部屋に、大家が「貸家」の札を貼った。「誰も引っ越してこなければ今までどおり使える」ということで、古狸の杢兵衛と呼ばれる長屋の古株が「長屋の差配だ」と名乗って、借り手に「あの部屋では三年前に美しい後家さんが惨殺され、それ以来夜な夜なその後家さんの幽霊が出る」という怪談噺を聞かせ、追い返そうと画策する。

 早速一人の男がやって来て、杢兵衛は一龍斎貞水ばりの話術で怪談を披露、男は怯えて逃げ帰った。しかし、二人目の男は途轍もない乱暴者で、いくら脅しても全く動じない。怪談を聞かせる際に「あの部屋に住むっていうなら店賃払わなくていいよ」と杢兵衛が言ったのを幸いと、その乱暴者は「引っ越してくるから掃除しとけ!」と言い放って帰っていく…。

 ここまでが『お化け長屋』の「上」で、引っ越してきた乱暴者を追い出すべく「本当にお化けを出して脅かす」というのが「下」だが、「上」だけで終える演者が多い。談笑の『お化け長屋』も「上」のみ。

 といっても談笑ヴァージョンは通常の『お化け長屋』とは異なり、二人目の「乱暴者」は、実は落語ファンなら誰もが知ってる「店賃を払わず周囲に乱暴を働きながら長屋に居座っていた嫌われ者」。その正体が明かされるのが談笑版『お化け長屋』の見事なオチになっており、「下」が必要ない噺になっている。

 立川談笑『お化け長屋』(「J亭 談笑落語会 四季『夏』Part 3」より)
 
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

劇団四季とディズニーのミュージカル『アイーダ』

2009/10/04

aida1 (C)Disney  撮影:下坂敦俊

 10月3日から電通四季劇場“海”で東京公演が始まった劇団四季とディズニーのミュージカル『アイーダ』。“すべては愛だ。”のコマーシャルも流れているのでご存知の方も多いはず。
 
 初日を前日に控えた10月2日、、公開舞台稽古が行われましたので、じっくり拝見させていただきました。

 「ライオンキング」のエルトン・ジョン&ティム・ライスのゴールデンコンビによるこのミュージカルは、2003年12月に大阪で国内初演され、京都、名古屋を経ていよいよ東京にお目見えです。

 オペラでも有名な世界最古のラブストーリーを、まさに楽曲も演出も新しい解釈で作りあげたこの作品。「ライオンキング」「美女と野獣」とはちょっと違ったテイストの“大人のミュージカル”という印象でした。
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

田代万里生さんチャペルコンサート

2009/10/01

mario
 ホテル日航東京の大人気チャペル「ルーチェ・マーレ」を舞台に、ミュージカル俳優として活躍する田代万里生さんのコンサート「‘Fine’ Concert 2009」(主催/サンケイリビング新聞社)が好評開催中です。残すところ金曜日の追加公演を残すのみとなりました。田代さん初のJ-POPのライブとあって、おかげさまで全公演を完売させていただきました。
 また、いろいろな方のユニークなプレミムライブを考えたいと思いますので、皆様お楽しみに!
[ 続きを読む.. ]

落語

J亭 談笑落語会 四季 秋Part1開催

2009/09/29

0925 
毎月おなじみの「J亭 談笑落語会 四季」。いよいよ秋のシーズンがスタートしました。
 今回は立川談笑師匠の独演会。スペシャルゲストに立川談志師匠をお迎えした大緊張の8月を乗り越え(?)、なんだか談笑師匠も本来のペースを取り戻した感じです。
 「猫と金魚」「野ざらし」「猿の夢」、そして先月予定外に話すことになった「片棒」をもう一度、と合計4席の豪華版でした。
 来月は柳家喬太郎師匠をゲストにお迎えして10月30日に開催します。が、チケットはおかげさまで完売です。ありがとうございます。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

アイーダ 大阪公演

2009/09/28

僕の大好きな大阪!!

大阪公演はじまって、早くも折り返しです!!

東京公演では思わなかったけど、
一公演一公演おわるごとに、
少し寂しさも感じてきています。

残りの公演も悔いのないよう、
熱く、若々しいラダメスを
皆さんにおみせできるよう頑張ります!!
[ 続きを読む.. ]

※画像およびテキストの転載を禁止します。

インタビュー

0524Matsuya

尾上松也

『百傾繚乱』&『メタルマクベス』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/08/10NEW

岩井秀人×中井美穂 スぺシャル対談▷ハイバイ15周年記念『て』『夫婦..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/07/31

【早霧せいなのビタミン“S”】其の四 .「幸せを届けること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/07/17

尾上松也のエンタメ異文化交流録▷ミュージカル『モーツァルト!』

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/07/23

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.4「シュークリー..

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん