カテゴリー

最新記事

演劇・ミュージカル

わらび座「ミュージカル アトム」 良知真次さんインタビュー

2010/06/18

BUTAKOME

明日はいよいよ・・・「アトム」東京公演の初日!

この作品の大きなメッセージは、
「人間らしさって?」「人を思いやる心とは?」ということだと・・・
この作品の記者会見で知った、事業部・Wです。

その会見で聴いた、「I LOVE YOU」というオリジナルテーマ曲も素晴らしくて☆
その時、ココロにゆとりがなかった自分に潤いを与えていただき、笑顔も生まれました。

その時からこの舞台観劇を楽しみにしていました(笑)
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

わらび座 「ミュージカル アトム」速報!!

2010/06/16

BUTAKOME

手塚治虫の不動の人気作品『鉄腕アトム』
ミュージカルとして6/19(土)から開幕します!!

20××年、十万馬力のロボット「アトム」の時代は終わり、さらに進化したヒト型ロボットが、パワーを大きく制限され、人間への絶対服従を強いられている時代。
トキオと、親友のアズリが創った歌は、自由を持たないロボットたちに生きる喜びを生んでいた。

テーマは、人間ならざる者から人間たちに宛てて捧げられる、切なく哀しい「I LOVE YOU!」のメッセージです。

主演トキオ役の良知真次さんのインタビューは近日アップ予定です!

BUTAKOME

[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

クウ助くんレポート ~X’mas コンサート~

2010/06/16

BUTAKOME

こんばんワン!!

はじめまして。僕、クウ助です。

サンケイリビングがクリスマスコンサートを実施するということで・・・
昨日、その宣伝用チラシ、パンフレットの撮影に
僕も参加してきました。

雨だったらイヤだなー、と思ってたら
皆の願いが通じたのか、すっごい良いお天気で!!
僕も嬉しくて、海の近くのスタジオのお庭を思いっきり走り回ってきました。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

「ドリームガールズ」③ 2010年6月観劇

2010/06/12

そして長く続いた黒人への差別偏見は、黒人にものすごいパワーを授けた気がします。
長い間認めてもらえなかった黒人にしか出せないセンスの数々は、今の白人が羨むほど魅力的で優れている。
スターも多い。
そしてなにより大統領の席を勝ち取ったアメリカの黒人は今、白人たちを助けようと懸命に立ち向かっている。
見方を変えれば、これは屈辱の一種にも取れる気がします。
ちょっとひねくれてしまいましたが、そんな考え方もあるっ事でお許し下さい。

僕には良くは解らないが、黒人の音楽って、
「認めてもらいたい」という心の叫びが根っこにあるんだろうなぁとは思いました。

誰にでも人には言えない「心の叫び」があると思います。
その煮えくりかえりそうな感情は生きて行く上で、そして何かを生み出す上でとても大事な宝物だと思う。
その感情がなくなってしまったら、きっと、何かを愛することすらできなくなってしまうんじゃないでしょうか。

・・・愛ってなんなんでしょうね。

危ない危ない!この話はまたいつかの日に(笑)
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

「ドリームガールズ」② 2010年6月観劇

2010/06/11

僕は先に映画版を観てたんですが、断然舞台の方が良かった。

内容は舞台の方が短く判りやすく、映画よりヒューマン的に演出されている。

セットは大きなパネルが5枚だけのシンプルなもので、
そのパネルに映し出される映像が、時には背景になり、
時には照明にもなって、コンサートっぽい雰囲気をかもし出していた。
海外モノの公演は、どうしても知らない顔の俳優さんばかりになるので観ていて時々区別が出来なくなったりするのですが(汗)
今回の演出は、そんな僕の固定概念すら覆してくれた!

パネルを回転させたり動かす事によって、瞬時に舞台裏とステージが入れ替わったり、
袖からみているステージの様子とか・・・。
視覚的にもすごく面白い!
やっぱり、演出ってすごい!
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

「ドリームガールズ」① 2010年6月観劇

2010/06/10

BUTAKOME

ワンナイオンリー♪
ワンナイオンリー♪
なん~とかなた~♪

ワンナイオンリー♪
ワンナイオンリー♪
イレ~イ~♪

どうも!かなたいれいです!
ギリギリ観にいけました。『ドリームガールズ』

今お送りした曲は、この作品で僕が一番好きな「One Night Only」です。
主人公エフィーが歌ったこのバラードの曲をドリームガールズのマネージャーが買収して、
アップテンポにアレンジしてドリームガールズに歌わせる。
そして、起訴される・・・。
物語的には2幕の一番面白いところに差し掛かったときの曲。

ちなみに後半の歌詞は自作です(笑)良かったら歌ってみてけろ(笑)
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

舞台版「大奥」~美味情報~

2010/06/10

BUTAKOME

ブタコメ・スリーアミーゴス2人目、事業部Wです!

舞台版『大奥』初日、ワタシにある使命が・・・・
それは、
「大奥かすていら」購入☆でした(笑)

前回の「大奥」公演で、この“かすていら”が大人気だったと知った、
サンケイリビング新聞社・編集部(大奥)からの指令◎

「ぜったい買ってきて!!!!!」

終演後の囲み取材に出向くべく段取りでしたが・・・
完売していては困る!!と
開演前に、大奥グッズコーナーへ直行。。。

4箱抱えてレジに行ったら、あらビックリ!!
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

舞台版「大奥」初日プレビュー

2010/06/09

舞台版「大奥」初日プレビュー
臨場感あふれる絢爛な女絵巻に酔いしれて

BUTAKOME

写真提供/明治座

ブタコメ“スリーアミーゴス”ライターKです!

 大奥、そこは愛と嫉妬が渦巻く女の牢獄-。
6月2日、初演から3年を経て新たによみがえった舞台版「大奥」が初日を迎えました。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

『DREAM GIRLS』速報!!

2010/06/05

BUTAKOME

観てきました!
『ドリームガールズ』

ミュージカルというより
コンサートに行ってきた感じが強いです。

本当に、ドリームガールズというユニットが存在していて
彼女達の駆け出しから
成長していく過程を見守って応援してきたファンのような気分!!

ドリームガールズ最高!!!
[ 続きを読む.. ]

歌舞伎

60年間ありがとう!歌舞伎座 ③

2010/06/04

さようなら歌舞伎座…ではない!
新生歌舞伎座をお楽しみに
歌舞伎座閉場式レポート

BUTAKOME

こんにちは。編集部Iです。

とうとう、この日がやってきました。
2010年4月30日(金)。
歌舞伎座閉場式。

どうにかこうにか潜入に成功!レポートさせていただきます。
歌舞伎座の回りはものすごい数の人、人、人…。
初めて地下鉄の階段の下で「ダフ屋さん」も見ました。
みんな、歌舞伎座を写真に撮りまくっています。
カウントダウン時計もとうとう「1日」に。

私が出かけたのは夜の部でした。
[ 続きを読む.. ]

※画像およびテキストの転載を禁止します。

インタビュー

尾上松也a

尾上松也

平成最後の『新春浅草歌舞伎』は節目の5年目。成長した姿をお見せしたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17NEW

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/03

【📺1月4日午前11時からOA】早霧せいなのビタミン..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん