伊礼彼方のNonstyle

『サイドショウ』終了!!

2010/04/26

サイド・ショウが無事終わりました。

この作品に出会い『バディ』という人物と出会い、新たなチャレンジ・新たな発見をしました。

それは、『情熱を発散しない事』。

大人になるのって大変だなぁって思いました。

ちょっと人生の厳しさを教わった気がする。

素晴らしいキャスト・スタッフ、そして応援して下さってる方々全員に心から感謝します。

ありがとうございましたm(__)m

もう早速『絹の靴下』というコメディーミュージカルの稽古に参加してます。

ソビエト連邦の使節団の代表『ビビンスキー』という役と向き合っていますよ。

初のコメディー。(ドキドキ)

また新たな姿を見せれるよう、日々稽古に励みます。

お楽しみに!

ありがとうございましたm(__)m
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

「ダイワハウス ルナ・レガーロ~月からの贈り物~」東京公演

2010/04/23

4月29日からのプレビュー公演を前に、開幕直前記者発表に行ってきました。
会場は日比谷に突然姿を現したブルーのテント。
中に入ると、中央の丸いステージを囲んで、2人掛けのテーブルがズラリと並んでいます。
ステージと客席が近く、アーティストの動きがよ~く見えそう。

まず新サポーターのくりぃむしちゅーの2人、はるな愛さん、

BUTAKOME

フレンチの鉄人・坂井宏行さん、野菜スイーツで人気の柿沢安耶さんが登場。

そして、期待の「グレート・モスクワ・サーカス」石井竜也さんデザインの衣装で登場。暗い会場内でも美しく見える白を基調とした近未来的な衣装は、とっても石井竜也さんっぽい”
[ 続きを読む.. ]

歌舞伎

2010 渋谷・コクーン歌舞伎 「佐倉義民傳」製作発表記者会見レポート②

2010/04/22

BUTAKOME

その後、質疑応答へ入り、各記者から質問が。

某新聞社の記者さんからの質問
「木内宗吾の、ここが歌舞伎になると思ったポイントは。
また串田さんらしい味付けをしようとしているところは?」

「今まで見たことのない佐倉義民傳にしたいと思っています。
世話物という心情と、もう少し乾いた客観的な表現をうまく混ぜて
いけたらなあと…。もう少し軽快なリズムでやっていけたらと思っていて。
(ちょっと考えた様子のあと)
あまりしゃべると自分の中で柔らかくしておきたい部分が
壊れてしまうと思うので、このへんで…」
[ 続きを読む.. ]

歌舞伎

2010 渋谷・コクーン歌舞伎 「佐倉義民傳」製作発表記者会見レポート①

2010/04/21

BUTAKOME

今までのコクーン歌舞伎とはひと味違う作品を
串田&勘三郎チームがどう料理するのか?

編集部Iです。
先日行われた、コクーン歌舞伎の製作発表記者会見に行ってきました!

今年で11回目を迎えるコクーン歌舞伎。
斬新なセット、わかりやすい展開とドラマチックな演出で若い層の心も掴んできた。
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

ブロードウェイミュージカル「ザ・ミュージックマン」

2010/04/14

BUTAKOME

1957年にブロードウェイで初演、翌年にはトニー賞9部門に輝き、
上演回数は2000回以上という
ブロードウェイミュージカル「ザ・ミュージックマン」。

自ら音楽教授だと名乗り、楽器のセールスをするハロルド・ヒル(西川貴教)の正体は詐欺師。町から町へ渡り歩いて「この町に必要なのはバンドだ!」と言葉巧みに話し、子どもたちのマーチングバンドを結成、楽器や制服を売りつけては姿を消す。
そんなハロルドに疑いながらもひかれていく、ピアノ教師で図書館司書のマリアン・パルーを演じるのは、宝塚主演娘役時代から歌に定評のある彩乃かなみさん。

 「町の中では感じの悪いピアノ教師といわれているんですよ(笑)」。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

「サイド・ショウ」公演中!!

2010/04/12

BUTAKOME

皆さーん!!お元気ですか?
バディ・フォスターです(笑)

「サイド・ショウ」ご覧頂けましたでしょうか?

この約1ケ月間、バディという役と何度も格闘し苦悩し続けてきました。
でも、なんとか、初日に間に合いました(笑)

今年の目標=【役に生きる】と決めていたこともあり、
しんどい時期も乗り越えられたように思います。

最初は正直、自分の中でバディの人物像を受け入れられず、
毎日産みの苦しみを重ねてきました。

でもその甲斐あって、今は演じる喜びを楽しみ、
1回、1回大切にバディを生きています。

キャスト、オケ、スタッフの皆さんが素晴らしくて
毎日、大きな刺激をいただいています。

稽古中も大先輩の皆さんに
追いつきたい想いで必死でした。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

TALK LIKE SINGING ② 2010年3月観劇

2010/04/08

そんな研究の日々に生き場を失ったターロウは、唯一の理解者であるブラザーだけが救いだった。
彼とは歌でコミュニケーションを取った。
だからブラザーといる時だけ自分でいられた。
一緒に歌ってくれた。幸せだった。

皆さんももちろん歌ってるよね(怒)

月日が経ち、とうとうターロウの原因を見つけたダイソン。

ターロウの頭の中に『6人のミュージシャン』がいる事を発見。
ダイソンは『6人のミュージシャンを殺す』計画を企てた。
しかもランボー(コスプレ!)になって(笑)

そうすれば、ターロウは言葉を喋ると疑わなかった。

脳内ミュージシャンを殺されたターロウは戸惑いながらも、ダイソンの計らいで生まれて初めて言葉を口にする。

『はじめまして、ボクのなまえはターロウです』

感動の一瞬!・・・・・・と思ったのは、ダイソンだけ。

彼の中からバンドが消えて歌えなくなってしまったターロウは途方に暮れた。
ターロウは自分を保てなかった。
それ以上に周りが彼の歌を求めた。
でも・・・、バンドはもういない。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

TALK LIKE SINGING ① 2010年3月観劇

2010/04/01

BUTAKOME

なんて久しいんだろう、この感覚。

覚えてるよ・・・
感じるよ・・・
この指の感覚・・・

パソコンは友達
友達とは通じ合える
だから僕は幸せ

君と居る時は・・・

久しぶりだな、コラムを書くのは・・・。

ハーイ!Welcomeようこそ「TALK LIKE SINGING」に!

「TALK LIKE SINGING」の世界では、主人公「ターロウ」の会話は全て歌となるのです。
なので、今の下りをもう一度歌でどうぞ!
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

えるこみ観劇ツアー第3弾開催!!『絹の靴下』

2010/03/18

皆さんお待たせ致しました!
ついにやってきました!!
えるこみツアー第3弾!!!

公演後、観て下さった方々と触れ合えるのは本番中の僕のひとつの楽しみ。
そして・・・、「なんて言われるんだろう?」という、
ちょっとしたプレッシャーな日でもあります(笑)
ガランチードではなかったのが寂しかったですが、
アイーダ以来、久々なので楽しみです!

そして今回はなんと、樹里さんもご一緒との事!
どんなアフタートークが聞けるのか!?

樹里さんとはこの「絹の靴下」で3作品連チャン共演という事で、
面白い話が聞けると思います。
皆さんお楽しみ!!!

BUTAKOME

[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

サイド・ショウ 速報!!

2010/03/16

皆さん!
バディ、伊礼彼方です!!

「サイド・ショウ」稽古に日夜励んでいます。

バディというヴァイオレットの恋人役という
大事なポジションをやらせていただけて光栄です。

この公演は、全部歌で表現する、
休む暇もなく出ずっぱりです。
セリフは合計5分ぐらいかな(笑)

結合双生児という、一見ミュージカルには結びつかないような内容かと思われがちですが、
バディの感情を素晴らしい楽曲にのせていきますよ!

2010年の目標は・・・・
伊礼彼方としてではなく、「いろいろな役に生きる!!」です。

皆さん、劇場でお会いしましょう!!
[ 続きを読む.. ]

※画像およびテキストの転載を禁止します。

インタビュー

尾上松也紋付190618

尾上松也

第二回『百傾繚乱』8月24日・25日開催 ▷IMYの希望は日本発のミュージカル...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/06/17

【中井美穂の幕内対談】Vol.5 映画監督・映像作家 奥 秀太郎さ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/07/02

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十五.「エンタメのルーツに触れるこ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん