舞台袖より愛をこめて(BUTAKOME)」は2020年3月31日をもって記事の更新を終了いたしました。アーカイブ記事は当面の間は閲覧可能です。長らくご愛読いただきまして誠にありがとうございました。

伊礼彼方のNonstyle

ANJIN 速報!!

2009/12/18

BUTAKOME

舞台『ANJIN』を観てきました!

時は1600年。イギリス人船乗りウィリアム・アダムズを
乗せたオランダの船が日本に漂着する。
彼は家康に気に入られ、のちに『三浦按針(みうらあん
じん)』という名で侍として生きていく史実に基づくお話。

会場に入った瞬間、自分も時代にタイムスリップしたか
と思うくらい心踊る豪華なセット。

日本語と英語が行き交う舞台は初めて。
休む間も与えてくれないくらい息を呑んでみてました。

何があっても家康を信じて生きていく『三浦按針』の姿勢に日本人の侍魂を見ました。
日本人らしさに心打たれました。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

フロスト/ニクソン③ 2009年11月観劇

2009/12/17

ちなみに、「言葉と言葉の闘い」というくらいなので、セットはほぼ変わらないままストーリーは進んでいく。途中「飽きるんじゃないか?」と思った時がありましたが、
気づけば北大路さんがお辞儀をし、仲村さんがお辞儀をし、出演者全員がお客さんに挨拶をしていた。
ノンストップの「2時間」の時間の経つ早さにビックリしました。

名セリフ「大統領が行えば、その行為は不法行為ではなくなる」。
とんでもない事実です。この言葉でニクソンは自ら崩れ落ちていく。

どんな業界でも政治が働く。
おかげで一生懸命やってる人は報われず、
適当に権力を振りかざしている人々が頂点にいる事が多い。
そういう人は許されては行けないのに、ノウノウと笑って生きている。
それが権力であり政治の力なんでしょう。

この日本も平和を掲げていても、
蓋を開ければ「腐ったゴミ箱に蓋をして閉めてるだけの国」となんかの本に書いてあった。
まさにそうだと思ったのを今でも覚えている。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

「パッチギ!」速報!!

2009/12/10

BUTAKOME

舞台版パッチギを観てきました。

映画版を観て感動を覚えたので、今日観劇出来るのを楽しみにしていました。

内容はもちろん映画と一緒でしたが、舞台用の演出が新鮮でした。

まず!綺麗なダンスが目に焼き付きました。
独特の振りや包み込むような音楽。これは絶品でした。

戦争がきっかけで憎み合う日本と朝鮮。
そこから始まる差別や偏見、思わぬ形で生まれる友情と愛情。
そこに産まれてきただけなのに、
愚かな政治に振り回され犠牲になった人たちの悲しいドラマ。
いろんな人がいろんな角度から自分の人生と向き合っていく姿が心にヅキンと突き刺さってきた。

とても感動的な舞台でした。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

CONRAD 『絵本朗読会』速報!!

2009/12/09

BUTAKOME

出演者集合!!

(初田さんが今日は残念ながらお会いできず・・・)
子供の絵本、甘くみてはいけませんね。
初めての朗読、難しさを痛感しております。

リハーサル場所が会議室だったので
隣の会議室からクレームがきました(笑)
伊礼彼方の声、デガすぎたようです。

今後もリハは抑え目でいきますが

本番は120%の力でいくので
ぜひ、僕の「クマさん」を聞きに来てください!!

(クマさんって、なんだろうね!?)
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

フロスト/ニクソン② 2009年11月観劇

2009/12/09

この作品には政治的要素はもちろんたくさん含まれていますが、
それ以上に興味深いのが、「国の頂点に立った男がどん底に落ちる」というドラマです。

事件の内容が主ではなく、人間の“情”や“欲”がたっぷり描かれている作品。
そこが面白かったです。

ニクソンに喧嘩を売るのは仲村さん演じるフロスト。
仲村さんが演じているのもあり、フロストは長身でかっこ良く
セレブなプレイボーイの香りを漂わせた「ちょっとキザな男」。
いくら名うてのトークショーの司会者だとはいえ、この男に元大統領は操れない。
これがフロストの第一印象でした。

しかし彼は司会者という自分の地位にも低迷していたのもあり、このインタビューに賭けていた。
そのためなら死にものぐるいでつかみ取ってやる!
周りから見放された男が本気になった瞬間というのは鳥肌が立ってしまう。
懸命にニクソンの膨大な出演料をかき集める姿は感動した。

日本円にすると約1億ではないでしょうか?
それを一人で借金を抱えてでも集めたのだから、半端ない!
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

演劇集団キャラメルボックス『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』 速報!

2009/12/03

BUTAKOME

主演の西川浩幸さんとツーショット!

キャラメルボックスの
『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』を観てきました。

冬にピッタリの心温まるストーリーに、自分の姿を重ねて観ていたら涙と笑顔をくれました。

深夜テレビでキャラメルボックスの作品を観たのがきっかけで、
熱い芝居に心打たれたからどうしても生で一度は観たかった劇団でした!
とても楽しかった!

また皆さんにオススメ出来る作品と出会いました。

BUTAKOME

BUTAKOME

[ 続きを読む.. ]

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成21年10月分)<5>

2009/12/03

お待たせしました。
10月30日(金)に開催されました「四季 秋 part II」のお話です。

立川談笑『山号寺号』

103101 上野広小路で若旦那とバッタリ会った幇間の一八。「若旦那、どちらへお出かけで?」「うるさいな、浅草の漢音様だよ」「イヨッ! 金龍山浅草寺にご参詣!」「違うよ、浅草だよ」「ですから金龍山浅草寺」「何で山へ行かなきゃいけないんだよ!」「えっ、ご冗弾をあれは、拝むのは観音様でも、場所は金龍山浅草寺でしょ。山号寺号ってヤツで」「何だ山号寺号って」「成田山新勝寺とか東叡山寛栄寺、身延山久遠寺と、どこにでもある」

 「どこにでも? 言ったな!」 自分の無知を幇間に突かれてカチンと来た若旦那、「ここにもあるんだな」とムキになる。「いえ、寺があればっていう」「いやいや、オマエは『どこにでも』って言った! さあ探せ山号寺号を。あれば祝儀に一円やる。無けりゃ出入り止め!」「んな、無茶な!」「これからは口の利き方に気を付けるんだな」と立ち去ろうとする若旦那にすがりついた一八、「ちょ、ちょっと! あそこに車屋が! 車屋さん広小路、ってのはどうです?」とダジャレで返す。

 一円せしめた一八、調子に乗って「またあったら一円ずつくださいよ」と言って、「日本共産レッドパージ」だの「足長おじさん交通遺児」だのダジャレで一円ずつ稼ぐ。「あ、子供の乞食だ。一家離散、生き恥」「可哀そうだな、一円はこの子にやろう」「南無三、仕損じ」「それはサゲだろ!」(笑)

 その後も歩きながら観るもの総てに引っ掛けて「グルタミン酸、隠し味」等々ダジャレを連発、とうとう若旦那の財布は空っぽに。「じゃあ、今度は俺の番だ」と若旦那は一八の財布を預かり「おおいい財布だな」と懐にしまうと「一目散、随徳寺」と走り去る。「あっ! みんなご破算、大赤字!」

立川談笑『山号寺号』(「J亭 談笑落語会 四季『秋』Part 2」より)
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

フロスト/ニクソン① 2009年11月観劇

2009/12/02

どうも、こんにちは。とうとう来ましたね。
恋人同士が愛を深める季節。
そして人肌恋しい季節が。

別名「魔の12月」

女子の皆さん!気をつけて下さい。
早まってはダメですよ。
慎重に相手を見定めてから心を許すのです。
自分を大事にしないと後悔しますよ。
男子の皆さん!ダーメ!
12月だからってなんでも許されると思っちゃダーメ!
まずはバラの花束で出迎えて、高級レストランに連れて行く。
食事後、デザート代わりにダイヤの指輪を差し上げればok!
これでみんな幸せ!!!!!

なんてね。こんなんで上手くいけば苦労しないっちゅーの!
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

『CONRAD クリスマス絵本朗読会』/『CONRAD SPECIAL X’mas LIVE』

2009/11/26

BUTAKOME BUTAKOME BUTAKOME
朝澄けい                 伊礼彼方             洸平

BUTAKOME BUTAKOME
白石隼也               初田悦子

『CONRAD クリスマス絵本朗読会』

都会のラグジュアリーホテル「コンラッド東京」で開催する、親子で楽しめるクリスマスイベント。
クリスマス絵本朗読では「赤はなのトナカイ ルドルフ」等を朗読予定です。
朗読会では、出演者がクリスマスメドレーも歌います!!
家族の温かいクリスマスの思いでに是非。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方のNonstyle

『フロスト/ニクソン』 速報!

2009/11/25

BUTAKOME

フロスト~を観劇してきました。

『ウォーターゲート』というアメリカ合衆国大統領が巻き起こした
実際の大事件を題材にしたストレートプレイ。

事件を知っていても知らなくても魅了させられた作品。

とにかく最高!!
[ 続きを読む.. ]

※画像およびテキストの転載を禁止します。

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん