カテゴリー

最新記事

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成26年2月分)<41>

2014/05/29


2014年2月21日(金)、「J亭 柳家三三独演会」。
演目は以下のとおり。

柳亭市楽『兵庫舟』
柳家三三『釜泥』
柳家三三『富久』
~仲入り~
柳家三三『錦の袈裟』


開口一番の市楽は柳亭市馬の総領弟子で二ツ目。
演じた『兵庫舟』とは鮫に見込まれて停まった舟の上で講釈師が五目講釈を演じて助かる噺、つまりは『鮫講釈』だが、立川談志が演っていた『鮫講釈』は熱田から桑名へ行く舟の上での出来事で別名『桑名舟』、市楽の演じた『兵庫舟』は兵庫から大阪へ向かう舟での出来事、という違いがある。

三三の一席目は、釜を盗まれる事件が多発しているので豆腐屋の主人が大きな釜の中に入って一夜を過ごす『釜泥』
小三治一門には泥棒噺を得意とする演者が多いが、三三はとりわけこの噺をよく演る。というか『釜泥』は、ほとんど三三でしか聴かないくらいだ。

『釜泥』を終えると三三はそのまま二席目の『富久』に入った。
幇間の久蔵の住む裏長屋を吉兵衛が訪れる場面から始まり、久蔵は吉兵衛から湯島天神の千両富の札を買う。この札が「鶴の千八百八十八番」。久蔵の済む長屋は浅草三間町、火事見舞に駆けつけて出入りを許されるのは「久保町の旦那」。これらの設定は小三治と同じ。(つまり五代目小さんの型) 
火が消えた久保町の旦那の家で久蔵が酒を飲み、最初は機嫌良く話していたのが酔いが回るにつれて酒乱の本性が表われ、番頭から「握り飯と油揚げとガンモドキを食べな」と勧められたことに怒り始めて大暴れ、ついに荒縄で縛られる……という展開も小三治によく似ている。焼け出された久蔵のために旦那が奉加帳を作り、それを持って廻っている最中に湯島天神の富の抽選に出っくわす、という演出も小三治と同じ。富札がなくて絶望する久蔵の描写が長引かず、すぐ鳶頭に出会うのも小三治譲りだ。

この噺のオチに関わる「大神宮のお祓い」についてのマクラを入れなかったなあ、と思っていたらサゲが変わっていた。千両当たっても今すぐもらうと二割さっ引かれて八百両になる、来年の二月まで待てば千両もらえる、というのと引っ掛けて「めいっぱい喜んでるんだな」「いいえ、来年の二月になる前ですから喜びも二割さっ引いてます」というもの。これなら事前の仕込みは必要ない。面白いサゲだ。

仲入り後は与太郎噺の『錦の袈裟』
与太郎の女房、錦の袈裟を貸してくれる和尚のキャラがそれぞれ一風変わっていて、彼らと与太郎との会話が実に面白い。全編、三三独自の台詞廻しに満ちている。町内の連中の「輪なし野郎って、意味はわからないんだけど妙に悔しい」って台詞には笑った。トリネタを『富久』にせず『錦の袈裟』でワッと笑って終えたのには、何か考えがあってのことだろう。実際、独演会でこういう構成なのも悪くないと思った。

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29NEW

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん