カテゴリー

最新記事

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成28年8月分)<74>

2016/08/29


J亭白酒_02858月25日(木)、「J亭落語会 桃月庵白酒独演会」。
演目は以下のとおり。

桃月庵ひしもち『元犬』
桃月庵白酒『お化け長屋』
~仲入り~
古今亭志ん松『洒落番頭』
桃月庵白酒『青菜』

白酒の一席目『お化け長屋』は「上」で終わらず、「下」まで通し。「上」は古狸の杢兵衛の怪談話の声色と表情、最初に来た男の臆病ぶり、二人目の男のふてぶてしさ等、どこを取っても白酒ならではの可笑しさに満ちあふれていて、それだけでも充分過ぎるほど素敵なのに、二人目の男が越してきてからの「下」がまた最高!二人組は与太郎を仲間に入れて越してきた男を脅かそうとするのだけれど、何せ与太郎なだけにドジばかり。「縁側でサラサラサラ…」という指令に対して「縁側から皿、皿、皿」を投げつけたのには爆笑した。幽霊役は「おたね婆さん」で、白髪なので黒くしようと岩海苔を頭に付けている。この婆さんが「開けとくれ!」とか言いながら入ってくるんだから、そりゃ怖いに決まってる。それで男が逃げていくと婆さん「これくらいで逃げるなんてしっこしの無い奴だ」と一言、それを聞いた杢兵衛「え、引っ越さない?しまった、また失敗した」でサゲ。お見事!

仲入り後は志ん橋一門の二ツ目、志ん松。きょう介といった前座の頃にもJ亭で高座を務めたことがある。演目は、駄洒落好きの旦那が洒落のわからない番頭に手を焼く『洒落番頭』。「庭から蟹で『にわかに』」のくだりで切ることも多く、『庭蟹』とも呼ばれる噺だ。こういう会であまり出ない演目を選んだところにセンスがある。(志ん松はよく演る噺ではあるけれど)

白酒のトリネタ『青菜』がまた最高に面白かった。前半で「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」というのを「裏山から牛を加えたハルク・ホーガンが来た」と聞き違えるあたり白酒らしくて可笑しいけれど、後半が他の演者とは全く違う展開で爆笑させられた。最大のポイントは、「鞍馬から~」「義経にしておきな」の一件を聞いた女房が、「いいじゃないのそれ!やりましょうよ!ほら、八っつぁんが向こうから来たから!ゆんべの酒もあるし!」と自ら積極的にお屋敷の真似をしようとするところ。しかもこの女房、いつもはまったく動こうとしない女で、お屋敷ごっこになったら俄然「やりましょうよ!」「次の間ないよ」「私、押し入れに入る!」と張り切って動くので「動いてるアイツ久々に見た」と亭主が呟くことになる。クライマックスは汗だくで押し入れから出てきた女房が満面の笑みで「旦那様! 何かご用で!?」と叫ぶところ。通常は「イヤイヤ付き合わされる女房」というのが『青菜』なのに、白酒は逆転の発想で他の演者には無い可笑しさをこの演目から引き出した。こんな凄い『青菜』を白酒が持ってたとは!一之輔の『青菜』の破壊力に対抗し得る『青菜』を初めて観た。素晴らしい!

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

KAIさん191226002

KAI

2020年1月12日(日)マイクレスコンサート第3弾を東京で開催!『ファントム...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/01/17NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.45】浦井健治×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/12/27

【早霧せいなのビタミン“S"】其の二十一.「故郷・佐世保からもらうエ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん