落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成29年5月分)<83>

2017/05/29


J亭白酒_0285

5月18日(木)、「J亭落語会 桃月庵白酒独演会」。
演目は以下のとおり。

桃月庵ひしもち『転失気』
桃月庵白酒『大山詣り』
~仲入り~
入船亭遊京『七度狐』
桃月庵白酒『厩火事』

ひしもちの『転失気』は、多くの前座の凡庸な『転失気』にはない面白さが随所にあった。こういう噺を面白く聞かせられるとはひしもち、只者じゃない。二ツ目になったら大いに伸びそうだ。

白酒の一席目は『大山詣り』。大山詣りの件で長屋の連中を集めた先達が、「女だけになると物騒だから残って睨みをきかせてくれ」と熊公頼むけれども「嫌だよ」と断わられ、仕方なく「本当のことを言うと熊さんには来てほしくないんだ」と、毎年の喧嘩騒ぎに閉口している本音を打ち明ける、というオープニングは志ん生の型。この長屋の場面で先達が「熊、お前は嘘をつくとき擬音が多くなる」と指摘、これが後半の「女房連中を集めた熊公が嘘をつく」場面に繋がる、というのは当然のことながら白酒オリジナル。こういう芸の細かさが白酒の素敵なところだ。坊主頭にされた熊を発見した女中の反応の可笑しさ、熊公が自分の頭を触って「これ誰のアタマだ!?」と狼狽える様子、「男たちは皆、遭難して死んだ」と聞かされた女房たちの嘆きっぷり等々、全編白酒ならではの可笑しさに満ちている。過剰に演出を加えることなく、持ち前の演技力とフラで『大山詣り』という噺の面白さのポテンシャルを最大限に引き出した逸品だ。白酒の「落語家としての地力」を改めて見せつけられた。

仲入り後はゲストの遊京。先日まで中国人に招待されて八十日間、中国を廻って来たそうだ。演じたのは上方落語の『七度狐』を江戸の二人旅に直したもの。亡くなった柳家喜多八が演っていたのを思い出す。遊京の師匠である入船亭扇遊は喜多八の親友だった。おそらく遊京の『七度狐』は喜多八に習ったものだろう。遊京の演じ方は生硬で未熟ではあるけれども、こういう噺を継承してくれる了見が嬉しい。

白酒のトリネタは『厩火事』。朝、女房が「シャケを焼いて食べよう」といったら亭主が「芋を煮てくれ」と言ったので喧嘩になった、というのは先代金原亭馬生の型だが、あまりにもくだらなくて、実にいい。談春の『厩火事』もこれだ。(ちなみに志ん朝は女房が芋を煮てたら亭主が「テメェくらい芋が好きな女もねェな」と難癖をつけて喧嘩になった) 旦那が「こないだあの野郎が一人で酒を飲んでたのを見て面白くない」と言うときに「刺身を一人前」じゃなくて「牛をつついて」というのも馬生の演り方だ。
白酒『厩火事』は、女房お咲の「めんどくさい女」っぷりが最高に可笑しい。別れちまえと旦那に言われたお咲が「でも優しいところもあるんですよ」とノロケ始めてどんどんエスカレートしていくところのバカバカしさは爆笑モノ。旦那の発言に対するお咲のトンチンカンな反応も、他の演者の『厩火事』とは一味違って新鮮だ。「唐土の孔子」を「幻の子牛」と聞き違えたりするセンスが白酒らしい。孔子の逸話を聞いて「焼けた馬はケトバシにして食べちゃうんですか?」と返し、麹町のさる旦那が「皿皿皿……と息もつかずに三十六ぺんおっしゃった」と聞いて「誰が数えたんですか?」と訊くお咲にイラッとする旦那の気持がすごくよくわかる。それでいて、家に帰って「ただいま……怒ってる?」と言うお咲が妙に可愛いくて、亭主が「怒ってねェよ」と言わざるを得ないのは、この夫婦の仲の良さを物語る心温まるヒトコマだ。あのサゲの亭主の一言があってもなお、この夫婦はホントは仲いんだな、と思えて後味が実にいい。白酒の演じる「めんどくさい酔っぱらい」が可愛いのと同じく、白酒の「めんどくさい女」もやっぱり可愛かった、という素敵な一席だ。

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん