落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成29年8月分)<86>

2017/09/04


J亭白酒_0266

8月24日(木)、「J亭落語会 桃月庵白酒独演会」。
演目は以下のとおり。

三遊亭あおもり『浮世根問』
桃月庵白酒『金明竹』
桃月庵白酒『しびん』
~仲入り~
柳家さん光『幽霊の辻』
桃月庵白酒『干物箱』

白酒の1席目は『金明竹』。おなじみの前座噺だが、白酒『金明竹』はおかみさんが旦那に伝える「中橋の加賀屋佐吉方から来た上方弁の遣いの男」の口上の珍解釈が、普通とはだいぶ違ってバカバカしい。仲買いの弥市は兵庫へ行って「そうめん工場の掃除婦と友情をはぐくんだうえで寸胴切りにしてタクアンをゼンジー北京がインゲンマメに変えて屏風の向こう側にダウンスイングの坊さんがいる」というのが白酒版。立川談笑が上方弁を津軽弁に置き換えたように、方言の部分をアレンジすることでこの噺を生まれ変わらせた演者はいるが、上方弁を変えずにここまで面白く演じるのは白酒だけだ。ただし、これを白酒に教わったとおりに前座がやってるのを何度も観たが、白酒ほど面白くない。やはり落語は「間」であり「語り口」であり「人」なのだな、と思わせられる。

白酒の二席目は『しびん』。田舎侍が、道具屋に置いてあった使い古しの尿瓶(しびん)を珍しい「しびん焼き」なる高価な花瓶と勘違いし、その勘違いに付け込んで道具屋がそれを五両で売りつける、というだけの噺で、ヘタな演者がやるとどうにもならないが、白酒がやると堪らなく可笑しい。侍にしびんを売りつける道具屋の対応、胸を張ってしびんを自慢げに持ち歩く侍を目撃して驚く町人たちの描写、宿に帰ってから悦に入ってしびんに菊を活けている侍の様子など、あまりも素敵だ。こういうくだらない噺にこそ落語の真髄がある。白酒の「落語の上手さ」が如実に表われている一席で、先代金原亭馬生の『しびん』のトボケた可笑しさを白酒の個性でパワーアップしたような感じ。しびんをぶら下げて歩く侍を見て「なぜあんなことをしているか」を泣きながら語る男が出てくるのは白酒オリジナル演出だ。

休憩後にはゲストの柳家さん光が『幽霊の辻』を。峠で道に迷った男が茶店の婆さんに「このあたりは日が暮れると大変なことになる」とさんざん脅かされる噺で、小佐田定雄が桂枝雀のために書いた新作落語だが、柳家権太楼がこれを東京に持ってきて、サゲを変えて演じている。さん光は権太楼門下の二ツ目。

白酒の三席目は『干物箱』。道楽者の若旦那が父親の目を盗んで遊びに行くために、自分の声色が上手い貸本屋の善公を身代りにして部屋に置いておく、という噺で、桂文楽、古今亭志ん生が共に演じ、志ん生の二人の倅(金原亭馬生・古今亭志ん朝)も得意とした。白酒は馬生の流れを汲む五街道雲助の『干物箱』を受け継いでいる。こういう噺での白酒は古典落語の伝統を守りながら、その中で現代的なキャラが自在に動くバランス感覚が実に見事。二階で独り言がエスカレートしていく善公の描き方は馬生や雲助よりもグッとテンションが高く、そのノリはむしろ志ん朝を思わせる派手さで、それが実に楽しい。目新しいギャグではなく人物の描き方で楽しませる正攻法の一席で「落語っていいなぁ」と思わせてくれた。

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん