カテゴリー

最新記事

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」第7回大手町二人会 三三・一之輔(令和元年5月分)<98>

2019/05/31


桃月庵白酒
春風亭一之輔

「J亭スピンオフ企画 隔月替わり二人会」、
5月16日(木)「白酒・一之輔」二人会。演目は以下のとおり。
 
柳家わさび『庭蟹』
桃月庵白酒『浮世床』
春風亭一之輔『鰻の幇間』
〜仲入り〜
春風亭一之輔『かぼちゃや』
桃月庵白酒『花筏』

 
開口一番を務めたのは、今年9月の真打昇進が決まっている柳家わさび。あるお店で、「洒落番頭」と評判の番頭に、洒落のわからない旦那が「洒落というものを見せてくれ」と頼み、次々に番頭が駄洒落を披露するものの、旦那はまったく理解できず「どうしてちゃんとやろうとしないんだ」と怒ってしまう、という噺。わさびが演じた『庭蟹』には冒頭で番頭に小僧が洒落を披露して褒められる場面があり、後半で旦那に「番頭さんはずっと洒落を言ってたんですよ」と教えてくれるのが小僧ではなく奥方。後でわさびに尋ねたところ、三遊亭萬橘に教わった型だという。ちなみに萬橘は『洒落番頭』の演題で高座に掛けている。

 
白酒の一席目『浮世床』は「将棋」〜「本」。先手を決めるくだりが笑える「将棋」もいいが、「本」がもう爆笑モノ。『太閤記』の「姉川の合戦」を読む源ちゃんのヘンな顔が、とにかく卑怯なくらい可笑しい。この顔芸は白酒にしかできない。CDでこれを聴いた人には本当の可笑しさは絶対に伝わらないだろう、というあたりは大師匠の十代目馬生に通じるものがある(馬生はこんな顔はしなかったが)。そしてまた、バカバカしいまでにたどたどしい読み方の、声そのものの圧倒的な可笑しさも「破壊的」とさえ言える。

「一尺二寸の大太刀っておかしいじゃねぇか」と突っ込まれた源ちゃん、「一尺二寸は横幅のことなり」と言い張り「そこに窓を開けて『寄ってらっしゃいよ♪』なんて、芸者を上げてドンチャン騒ぎ」と口走る。「戦場でドンチャン騒ぎはねぇだろ」「いいんだよ、タイコー記ってくらいだから鳴物が入る」でサゲ。

 
一之輔はマクラで日芸落研の二年後輩であるわさび(本名「宮崎」君)のお母さんの話をした後、『鰻の幇間』へ。もともと柳家喜多八に教わっていて、かつてはそれがわかる演り方だったが、その後どんどんと独自の進化を遂げて、今では完全に“一之輔の『鰻の幇間』”として生まれ変わっている。

客と出会った瞬間から一八のテンションはマックスで、テンポ良く進んでいく。明らかに不味い酒、酷い漬物、「これ薬味……?」という謎の反応、硬くて箸が刺さらない鰻に四苦八苦、それでも元気にヨイショし続ける一八が堪らなく可笑しい。客が便所に立ってからの妄想、誰もいない便所に語りかける場面等々、台詞回しが絶妙で笑わせる。

騙されたとわかってからは一八が女中に延々と文句を言う。通常ここは「店の酷さ」についての描写で笑わせるものだが、一之輔の場合は女中が主役級の存在感を見せる。35年この店にいるというこの女中、無愛想なだけじゃなくて、文句を言われてる最中にマンガ読みだしたり、完全に挑戦的。しまいには舌打ちまで。この女中の返事すべてが癇に障る一八がキレるリアクションが爆笑を呼ぶ。

一服しようとすると「後がつかえてるから早く出て行ってください」と言われ、この女中の誕生会が始まると知って激怒。黒文字をくれと言うと蒲焼の串を渡される一八、帰る前にこれだけは言っておかなきゃと全員を集めて「マヨネーズは鰻の薬味じゃありません!」と叫ぶ。下駄もなく裸足で家に帰った一八が発見したのは、あの客が嫌がらせで置いていった三人前の鰻だった、というオチ。

 
仲入り後、一之輔の二席目『かぼちゃや』与太郎の可愛さが際立つ逸品。「しっかりしろ」「しっかりしてるよ」「そうは見えない」「それはあなたの主観ですから」という冒頭の会話からもわかるとおり、この与太郎は単なるバカではない。上を見ている間にかぼちゃを全部売ってくれた男に「出過ぎた真似すんだよ」と言い放ちながらも憎めない魅力がある与太郎だ。「上を見たのを出せ」「出せない」「取ろうってんじゃないんだ、幾らだか教えてくれ」と言われて「えーと、抜けるような青空……向こうのほうには入道雲……ツバメがくるりと輪を書いた、そんな夏の昼下がり。よたろう」と呟く“みつを”みたいな与太郎に婆さんが腹を抱えて笑うのは一之輔ならではの素敵な場面だ。

 
白酒のトリネタは病気の大関花筏の身代わりとして銚子の巡業に行った提灯屋が、地元の力自慢、千鳥ヶ浜と対戦する羽目に陥る『花筏』。登場人物を生き生きと描く「真に迫った描写力」と聴き心地の好い「地の語りの声の魅力」を活かした正攻法の演じ方を基本としつつ、やたら「〜でごんす」と言いたがる千鳥ヶ浜のキャラ、その父親の「明日の土俵に上がるのは花筏じゃない、デブの殺し屋だ」という台詞等々、全編に白酒ならではのセンスが感じられる一席で、白酒の「落語の上手さ」を堪能してお開きとなった。

 

■□■BUTAKOME☆Information■□■
 
J亭 スピンオフ企画
白酒・三三・一之輔 隔月替わり 大手町二人会
 
会 場:大手町日経ホール

開演時間:19時

料 金:全席指定3,800円

※未就学児童入場不可
 

<次回公演>
※青文字はトリ

[八]2019年7月25日(木)
出演:白酒・三三

 
<今後の公演予定>

[九]2019年9月19日(木)
出演:三三・一之輔
発売予定:2019年7月下旬

[十]2019年11月21日(木)
出演:白酒・一之輔
発売予定:2019年9月下旬

———————————————————————————–

■チケットぴあ http://pia.jp/t/
※電話予約:0570-02-9999

■オフィスエムズ http://www.mixyose.jp/
※電話予約:03-6277-7403(10:00~17:00)

———————————————————————————–

主催:サンケイリビング新聞社
共催:産経新聞社
制作:大手町アーツ

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

インタビューTOP

中村隼人

スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』▷若さと熱量でオグリを演じたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/09/01

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.42(後編)】稲垣吾郎×中井..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/08/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十七.「変化(チェンジ)をいとわな..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

2019/08/22

【9月11日リリース決定】加藤和樹さん、配信シングル「Tell Me..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん