演劇・ミュージカル

帝国劇場100周年記念パーティー Report④レミゼ・スペシャル

2011/03/23


帝劇100年の歴史の中で燦然と輝く作品
レ・ミゼラブル」スペシャル

BUTAKOME

BUTAKOME
(C)吉原朱美

こんにちは。
編集部の猫好きIです。
お待たせしました。

今回は帝劇といえば、のレミゼスペシャルです。
今年4月にはなんと上演回数2500回を越えるそう。
ロンドンオリジナル版演出での上演はこれで最後です。

そんなわけで、レミゼチームから、まず2人のジャン・バルジャン。
100周年スペシャルキャストの今井清隆さんから。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

「私は東宝現代劇の出身ですが、稽古場が帝劇の地下にあって、
いつかは帝劇に出たいとずっと憧れながらレッスンしていました。
この100周年という節目の年に、レ・ミゼラブルのジャン・バルジャンで
出演できることを本当に嬉しく思います。また、誇りにも思います。
役者生命をかけて、精一杯頑張ります。どうぞ宜しくお願いします」

続いて初出演!吉原光夫さん。
劇団四季出身で、自らArtist Company「響人<ひびきびと>」を立ち上げ、演出もなさるそう。
山口さん、別所さんも含め、ジャン・バルジャンはみんな背が高い~。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

「難しいことはよくわからないですが、記念すべき年に、この劇場で、
レ・ミゼラブルという大きな作品で、ジャン・バルジャンという役を
やらせていただけること、身の引き締まる思いです。
自分のできることは、熱く、ただ、役に没頭して、何かを表現できたらと
思っています」

パーティで歌を披露してくれた吉原さん。
熱く、という言葉を思い出すほど、力強い歌でした。
歌にジャン・バルジャンの感情が深く、強く込められていて。
鳥肌でした。
歌のことはあとで詳しく書くとして…。

続いて100周年記念スペシャルキャストから
ファンテーヌ役の岩崎宏美さんから。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

「4年前の20周年記念公演の時がこれで本当に最後だと卒業したつもりで
いましたが、帝劇100周年ということで、またあの舞台に戻ることができることに
なりました。
いろいろな国で公演されていますが、50代のファンテーヌは日本だけだと
思います(笑)
頑張ります。宜しくお願い致します!」

場内大拍手!
岩崎さんはとってもお美しいので、ぜんぜん問題ないと思います!!

続いてエポニーヌ役の島田歌穂さん。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

「私にとりまして、この作品は人生の扉を大きく開いてくれた、
感謝してもしきれないくらいの、まさに原点の作品です。
もう、これで終わりかなと思っていたら、この大切な節目の年にもう一度
レミゼの舞台に立たせていただけることに感謝して、精一杯頑張ります。
エポニーヌは16歳の役なんですが、たぶん、私も世界最高齢の
エポニーヌにだと思います。頑張りたいと思います!」

テナルディエ役の斎藤晴彦さん。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

「帝劇開場100周年に参加させていただきます。
何が光栄かというと24年前に夫婦をやらせていただきました鳳蘭さんと
24年ぶりに復縁できたとういことです。
また、鳳蘭さんのファンが減っていくのでは、というそれが心配です(笑)※
どうぞ宜しくお願い致します」

※はこのレポートの①をお読みくださいませ!

レミゼチームのご挨拶でした。

さらに、レミゼカンパニー40人による歌の披露もありました。

1曲目はジャン・バルジャン役の吉原光夫さんの「独白」。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

声量もすごくて、マイク不要な感じでした。
一瞬のうちにレミゼの世界へワープしちゃった感じです。
心が震える、ってこんな感じかなという歌でした。

2曲目はアンジョルラス役の上原理生さんとアンサンブルキャストのみなさんの
「ABC(アーベーセー)カフェ~ピープルズソング」
の今回用のスペシャルアレンジバージョン。

BUTAKOME
(C)吉原朱美

BUTAKOME
(C)吉原朱美

というわけで、帝劇100周年記念パーティー
レミゼスペシャルでした。

次は7月~12月公演についてのレポートをお届けします!

明日はいよいよ最終回です。

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん