演劇・ミュージカル

速報! フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 ~ヴェローナの子どもたち~ 来日イベント潜入レポ

2012/05/28


スペシャルゲスト城田優さん登場!
Wロミオ&ジュリエットの
「AIMER」にうっとり♪

BUTAKOME

こんにちは。編集部Iです。
2010年の宝塚版初演に続き、2011年日本オリジナル版も上演され
大ヒットしたミュージカル「ロミオ&ジュリエット」
今年10月に、いよいよ本家フランス版がやってまいります!
会場は7月にオープンするミュージカルのための劇場
渋谷ヒカリエシアターオーブ
そのPRのため、5月21日に赤坂BLITZで開催された
メインキャストの来日イベントに潜入してきました!

私は、宝塚版は雪組さんを、そして日本オリジナル版は
城田ロミオ&フランクジュリエットで見ていますが、
どちらもそれぞれ、似て非なるもので、それぞれに魅力たっぷり。
人におすすめしたいミュージカルでした。

そして、ついについに日本にやってくるフランス版!!
小池先生を魅了し、日本でもやりたい!と思わせた作品です。
フランス版に対しての期待値はかなり高めに設定しています。

当日は、選ばれしオーディエンスの方々も参加されており、
来日イベントを盛り上げてくれました。

今回、フランスからはるばるやってきてくれたのは
ロミオ役のシリル・ニコライさん、
ジュリエット役のジョイ・エステールさん、
ベンヴォーリオ役のステファヌ・ネヴィルさん、
マーキューシオ役のジョン・エイゼンさん、

さらに、この作品の生みの親、作詞・作曲担当の
ジェラール・プレスギュルヴィックさん

みんなすごく麗しい~!
ジョイさんは、ケイト・ウィンスレッドみたい!
シリルさんはボーカリストとしても活躍されていて
金髪、ブルーの瞳のイケメン。
美男美女のロミオとジュリエットです

BUTAKOME

役衣装で登場されて、世界の王、AIMER(エメ)など4曲を
披露。最後に歌ってくれた「二十歳とは」は、日本初披露の曲。
そうなのです、宝塚版にも日本版にもない新曲なのです!

しかし、キャストの4人は歌唱力がものすごい。
間近で見ていることを差し引いても、
めっちゃパワフルで
心を揺さぶられます!

宝塚版とも日本版とも違うのがフランス版だということが、
たった4曲からでも伝わってきます。
やっぱり、ロミジュリの曲っていいなーと改めて思いました。

そして、ここでスペシャルゲストが登場!
白いスーツに身を包んだ、我らがロミオ、城田優さん
フランス版のオフィシャルサポーターに任命されたんですって!

BUTAKOME

大好きな作品のサポーターになったことがとてもうれしく
頑張ってPRのお手伝いをしたい、
と話す意欲まんまんの城田さん。

合間、合間に英語とスペイン語で
キャストとコミュニケーションをとる姿を見て、
城田さんが選ばれた理由がわかったような気がしました。

通訳を介さないで直接話せるって、
すごく大切なことだと思うのです。
信頼関係も構築しやすいし。
何もしなくても十分カッコイイ城田さんですが、
英語やスペイン語を自在に操る姿は
いつも以上にかっこよかったです!

そして、そして!
私的にこの日一番だったのが、

BUTAKOME

シリルさん、城田さんのWロミオとジョイさんの3人で歌った
「AIMER」。

久しぶりに聞く城田さんの歌声。
ちょっと少年のような、甘さが少し残る声。
シリルさんとはまた違う、ステキなロミオ。
3人の息はピッタリで、
そんなに練習する時間なんてないはずなのに
やはり一流の人は違うな~と感動しました。

BUTAKOME

このあとは、会見がありました。
一番私が気になったのはジェラールさん!
チョイ悪オヤジというか、
フランスのイケてるおじさま風で
低音でささやくように話すフランス語がステキ!

BUTAKOME

ジェラールさんは奥様のアドバイスでロミオとジュリエットという作品を
手がけることになったのだそう。
シェイクスピアが誉めてくれるかはわからないけれど、
僕はシェイクスピアに感謝したい」

なーんて、コメントもなんだかかっこいい!
そして、今回は何よりフランス本国版そのままのスケールが
日本に来る、しかも新演出で!というのが注目Point!
どうしても、人数が減ったり、装置が変わったり、
ということはよくあることなのだそうです。
けれど、今回はアンサンブルもダンサーもまったく同じだそうで、
これまで多くの人を魅了してきた迫力ある
「スペクタクル・ミュージカル」

の世界を日本でも体験できるのは、
なかなかないことですよ。

城田くんも言っていましたが、
もともとフランス語で歌うために書かれた詞は
フランス語の意味がわからなくても、
一番美しく聞こえるのではないでしょうかって。

私もそう思います。

ジェラールさんの生み出した名曲の数々。
見目麗しいキャストの皆さん。
メガヒットミュージカルの原典であるこの舞台を
見逃してはなりませんよ!

撮影/吉原朱美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★チケットはチケットファンで発売中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
115530

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん