演劇・ミュージカル

フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 ~ヴェローナの子どもたち~ インタビュー

2012/08/06


東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)にやってくる「ロミオ&ジュリエット」
フランスオリジナル版の演出で日本バージョンにない新曲も登場!
テレビで特番もあるのでチェックしてね!

ロミオ&ジュリエット

写真撮影からもうすっかり「ロミオ&ジュリエット」
美しいお二人にどっきどき

こんにちは、編集部Iです。

もうずいぶん前になってしまいますが、今年10月に渋谷の東急シアターオーブで上演されるフランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の主役を演じるシリル・ニコライさん(右)とジョイ・エステールさん(左)にインタビューをしたのですが、紙面で書ききれなかったこぼれ話などもあわせてご紹介しまーす。

2010年の宝塚版に続き、2011年の日本オリジナル版が大ヒットしたミュージカル「ロミオ&ジュリエット」。城田優さん、山﨑育三郎さんのダブルキャストのロミオ、初舞台の昆夏美さん、フランク莉奈さんのジュリエットをはじめ、フレッシュなキャストで大人気を博しました。

今年10月、フランスのオリジナル版がついに日本上陸を果たします。このフランス招聘版の魅力のひとつが、フランスと同じスケールでの上演。今回の公演の目玉はなんといっても人数やセットなど、本場フランスで見るのと同じ迫力を体感できること。通常どうしても輸送の都合や、劇場の都合などで、本場そのままを持ってくるのは難しいのだそうです。やはり、東急シアターオーブだからこそ、なんでしょうね。

お2人のツーショット写真を撮影したのですが、撮影中にこの作品の生みの親ジェラール・プレスギュルヴィックさんが登場! 相変わらずのチョイ悪オヤジ系。そして、なにやらフランス語でささやくと、おもむろに抱き合う2人…

ロミオ&ジュリエット

おお、一瞬にしてその場にラブラブな空気が~。
美しいお2人にうっとり。

そしていよいよインタビューです。
通訳の方がいらっしゃいますが、フランス語でのインタビュー、初体験です! ドキドキ。

ロミオ役のシリル・ニコライさんは、ジェラールさん直々のオファーで、2007年アジアツアーのベンヴォーリオに続き、今回はロミオを演じます。シリルさんはボーカリストとしても活躍中で、あのマイケルジャクソンの「THIS IS IT」ツアーに参加するはずだった女性ギターリストのオリアンティさんとのコラボアルバムなどをリリースしています。だから、パワフルでロックな歌唱はバッチリなんですね! そんなわけで、ジェラールさんは以前からジェラールさんとは面識があったのだそうです。

ロミオ&ジュリエット

「ジェラールからコンタクトがあったとき、素晴らしいチャンスが来たと思いました」
と当時を振り返って話してくれます(フランス語で)。
「ベンヴォーリオは自分の性格と正反対だったから、逆にやりたいと思いました」
男性として、共感するのはロミオのほう、というシリルさん。
「ロミオのほうがアーティストな感じで自分に近いところがたくさんあるのですが、自分自身の内面も追求しないと演じられない役なので、とても難しいですね」

一方、ジョイ・エステールさんは、初演を見てからずっとあこがれていたジュリエット役を、ライバルが多数いたオーディションで勝ち取り、以来数多くの公演でジュリエットを演じてきました。
「初演を見て、今までフランスで見たミュージカルの中で一番素晴らしいと思いました!」と絶賛するジョイさん。

ロミオ&ジュリエット

ジュリエットとご自身の似ているところは?と聞くと
「ジュリエットと私は、子どもっぽいところが似ていると思います(笑)」
と言ってお茶目な笑顔を見せてくれました。

目の前にいるジョイさん、本当にキレイなんですよ! お人形のよう、ってよく言いますけど、本当にそうでした。なんかいいにおいがして(笑)、同性ですけど、うっとりしながら
インタビューしてしまいました。

日本版(宝塚版も含めて)は、まだ見ていないけれど、大人気だと言う話は聞いている、というお2人にオリジナル版の魅力は?と聞くと「日本版を見ている人は、フランス語で書かれたオリジナル版を見ていただくと、その素晴らしさを再認識していただけると思います」とシリルさん。

「舞台に上がる人はみな質が高いのですが、特にダンサーはヨーロッパ有数の人が集結しています。エネルギーが凝縮されていてパワーがあふれています」とジョイさん。歌が素晴らしいのはもちろん、ダンスも一流の人が集まっているので見ごたえがあるステージをみられるのでしょうね!

「東急シアターオーブは今年開業する新しく素晴らしいミュージカル専用劇場ということで話題なんですよ!!」と話すと(日本語で)「もちろん知っています。オープニングの演目はウエストサイドストーリーですよね」とシリルさん。

鈍感なIも気づきましたよ。ちゃんと。
「ウエストサイドストーリーの原作はロミオ&ジュリエットですね!」というと「そうです。だから、何か運命のようなものも感じますね」とシリルさん。本当だ~!!

最後にお2人から皆さんへのメッセージをいただきました。

「約3時間、日常を忘れて物語の世界に浸ってください」とシリルさん。
「カッコいい男性がいっぱい出ています(笑)、ぜひ見に来てください!」と、笑うジョイさん。主役級が素晴らしいのはもちろんですが、アンサンブルも磐石、ってことですね。

素顔は本当にフレンドリーで、言葉が通じていない気がしないくらい楽しいインタビューでした。でも、ひとたび衣装を身に着けると、パワフルに愛の物語を歌う舞台人に大変身をとげるのです。2人がエメを歌うところを早く見た~い!!

撮影/吉原朱美

<プロフィール>
シリル・ニコライ シンガーソングライター、ロックバンドグループThe Fairchildsのリーダーとしても活躍中。2003年、プレスギュルヴィック作のスペクタクル・ミュージカル「風と共に去りぬ」のアシュレイ役に抜擢、2007年にはプレスギュルヴィック作「ロミオ&ジュリエット」のアジアツアーでベンヴォーリオ役を演じる。来日公演ではロミオ役に挑戦する

ジョイ・エステール 8歳のころ、CM出演で活動を開始。19歳で「Belles Belles Belles」の3人の主役のうちの1人を射止め好評を博す。2006年プレスギュルヴィック作「ロミオ&ジュリエット」アジアツアーのジュリエット役に抜擢され、200公演以上に出演、パリのパレ・デ・コングレでの凱旋公演にも40回以上出演している

前回の記事『速報! フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 ~ヴェローナの子どもたち~ 来日イベント潜入レポ』コチラ

特報!!! 「来日直前!世界を変えた3大メガヒットミュージカル~米倉感涙!踊る徳光!城田優絶唱!」
8月18日(土)TBS系で16:00~16:54 オンエア!※関東のみ

フランス招聘版「ロミオ&ジュリエット」が、米倉涼子さん凱旋公演となる「CHICAGO」、「ミリオンダラー・カルテット」とともに紹介されます。作品の魅力を映像と音楽とともに体感できるチャンス! ロミジュリが気になっている人も、ミュージカルが好きな人も、要チェックですよ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★チケットはチケットファンで発売中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん