演劇・ミュージカル

【製作発表会見レポート】ストレートプレイ以上に濃密な演出で見せる!日本初演ミュージカル『パレード』☆S席特別価格で発売中!

2017/04/25


 
この公演のチケット購入はコチラから

 

 
PARADE

撮影/ 吉原朱美

 
日本初演となるミュージカル『パレード』の製作発表記者会見が行われました。石丸幹二さん堀内敬子さんの17年ぶりの共演でも話題の作品。森新太郎さんの演出のもとで、出演者一丸となって取り組んでいる様子がひしひしと伝わってくる、熱気あふれる会見の模様をレポート!

 

今こそ、上演する意味がある作品です

 
1999年トニー賞最優秀作詞作曲賞、最優秀脚本賞を受賞したミュージカル『パレード』は20世紀初頭のアメリカに実際に起きた冤罪事件を題材として、人間ドラマを描き出す作品。気鋭の演出家、森新太郎さんが初めてミュージカルを手掛けます。

稽古は既に始まっているとのことで、会見に登場したキャストは今までのミュージカルとはまったく違う作品の骨太さと森演出の緻密さに心を打たれている様子。初めに森さん、そして主要キャストからのご挨拶がありました。

森新太郎
 
森新太郎さん(演出)
『パレード』というタイトルの作品で、お祭りの日の熱狂をぞくぞくするほどの迫力でお届けしたいと思います。

この物語の主人公は、冤罪の被害者だったフランク夫妻ですが、もう一人主役がいるとしたら、彼らを追い詰める民衆の存在ではないか。なので、石丸さん堀内さん以外のすべてのキャストにも民衆の役を演じてもらっています。恐ろしくも晴れやかな民衆のエネルギーを生み出すべく、皆と一丸となって作り上げている最中です。どうぞご期待ください」

 
石丸幹二
 
石丸幹二さん(殺人事件の容疑者に仕立て上げられた男性、レオ・フランク役)
「私が演じる役はユダヤ人の実在の人物。今、この作品でこの役をやる意味があるなと感じながら、稽古場で日々追い詰められています。

この作品を通して弱者はどうやって生きていけばいいのか、そして強い立場に立った人間がどのように強いものとして存在するのか、皆さんに考えていただけるんじゃないかと思います。

森さんのすさまじいエネルギーの演出のもと、追い詰められている私の姿を(笑)ぜひ劇場でご覧ください」

 
堀内敬子
 
堀内敬子さん(レオの妻、ルシール・フランク役)
「主役を張ることができるキャストばかりが集まる中、森さんの熱い演出に食らいついていくような稽古場です。テーマは深いんですが、稽古場では笑いあり、涙あり。日々ジェットコースターのような濃い稽古をさせていただいております」

 
岡本健一さん(アトランタ州知事、スレイトン役)
「スレイトンは権力と名声を備えた強い人間。民衆の強い圧力を受けても、自分の妻やフランクの妻という女性の言葉に心を動かされて、自分の信念を貫こうとする。愛の力を持っている人だと思います。心に訴える作品になると思いますし、日本中のあらゆる知事の人たちにも見ていただきたいです(笑)」

 
武田真治
 
武田真治さん(新聞記者、ブリット・クレイグ役)
「ここから先、ご挨拶させていただくのは皆、悪役です(笑)。憶測をいちいち記事にして世相をあおり、追い詰めてしまう役どころですね。

冤罪を生み出すのは、この物語の中では新聞。今の時代ならネットなどの誹謗中傷の記事にあてはめて、このストーリーを楽しんでいただくことができると思います。この物語をネットのネガティブな書き込みをする人たちに(笑)見ていただきたいです」

 
石川禅
 
石川禅さん(アトランタ州検事、ヒュー・ドーシー役)
「皆さん、すごいのが来ますよ! 私は稽古場で、森さんの素晴らしい演出で何度も目から鱗が落ちています。この話はアメリカそのもの。僕たちは悲劇を演じるというよりも、パワフルなアメリカ人をどう演じるかということに取り組んでいる最中です。ひょっとしたら出演者が一番楽しみにしているかもしれませんが、どうぞ客席でこの素晴らしい作品を見に来てください」

 
新納慎也
 
新納慎也さん(政治活動家、トム・ワトソン役)
「おそらく本編で一番の悪役は僕が演じるトム・ワトソンなんじゃないかと思います。でも、当時のワトソンは英雄だった。それくらい差別があったんでしょうね。日本では人種差別は身近にはないかもしれないですが、世界にはこんなに大変なことが起こった歴史があるんだと日本人の方に思っていただけるなら、(チケット代の)1万いくらは安いんじゃないかなと思います(笑)」

 

<次のページ>
17年ぶりの共演もブランクがプラスに

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
ミュージカル『パレード』
 
———————————————————————————–
特別価格でチケット発売中!
チケット購入はチケットファン

———————————————————————————–

演出:森新太郎

出演:石丸幹二、堀内敬子、武田真治、新納慎也、坂元健児、藤木孝、石川禅、岡本健一ほか

日時:
日時:2017年5月21日(日)・22日(月)・29日(月)、6月1日(木)・2日(金)13:30
5月25日(木)・31日(水)18:30
5月27日(土)・28日(日)12:30
6月3日(土)17:30

料金:S席1万3,000円 ⇒ 特別価格 1万1,900円

会場:東京芸術劇場 プレイハウス(池袋)
※未就学児入場不可

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

💡友達追加は下記↓をClickしてください💡

友だち追加数

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん