演劇・ミュージカル

インタビュー

平野綾さんSpecialインタビュー☆ミュージカル『レディ・ベス』~リビング半館貸切公演・特別価格でチケット発売中!

2017/07/25


 

平野綾1

撮影/齋藤ジン

 
2017年10月に帝国劇場で開幕するミュージカル『レディ・ベス』、先日レポートした取材会後、平野綾さんにお話をうかがいました。

 

NY留学を決意させたのは“父との約束”

 
――2014年の初演から3年半、再びベス役に挑むことになりました。改めてこの3年半は平野さんにとってどのような年月でしたか。
 
初演のときはまだまだ舞台経験も浅く、私にできることはとにかく一生懸命やる!それだけでした。ですので、そこからの3年半は、再びベスを演じるまでに自分に何ができるのかが勝負だと思って過ごしました。再演のお話はだいぶ前にいただいていたので、それに合わせてNYへ留学し、歌唱技術についても改めて学びました。それ以来、ときどきNYへ赴き、ボイストレーニングを受けています。

 
――先ほど行われた取材会での平野さんの発言やたたずまいがとても凛としていらしたのが印象的でした。ご自身でも「以前より自信がついた」とも仰っていましたが、その自信の裏付けがNY留学ということになるのでしょうか。そのきっかけは。
 
舞台俳優としての大先輩方を前に「自信がつきました」と言うのもおこがましいかと思いましたが、ちゃんと時間をかけて学んできたという私なりの自負があるので、そう言うことに引け目がなくなったんです。

私は、子供のころに舞台を目指してこの業界に入りました。でも、なかなかきっかけがなく、山崎育三郎さんとご一緒した『嵐が丘』(2011年)が初舞台でした。そこから何作品か舞台に出演させていただきましたが、舞台での表現技術が全然追いついていませんでした。何も持っていなかったからこそたくさんのことを吸収できていたとも言えますが、一度しっかりと時間をかけて勉強したいと思い始めたのです。みなさんの何十年という経験には到底及ばないまでも、それでもなにか私なりの方法を見つけようと、留学を決意しました。

 
――ミュージカルのお仕事も順調、そして、アニメの声優さんとしてのお仕事やテレビのレギュラー番組も抱えているなかで、しばらくお休みされるというのは勇気のいることですよね。それでも留学に踏み切った、一番の理由は。
 
一番は、ちょうど3年前、この『レディ・ベス』公演中に他界した父との約束です。子どものころ、父の仕事の関係でNYに住んでいたんです。父と職種は違いますが、父の意志を受け継いで何かしたいと思っていて。そして、NY留学をしたいと思った瞬間、不思議なくらいにそれに関することがトントン拍子に進んで、“タイミングは今だ!”と決断できました。そして、ずっと父に話していた、「もう一度、今度は自分の力でNYへ行きたい!」ということが実現できたんです。

もちろんレギュラー番組など、みなさんにご迷惑をおかけすることもわかっていたのですが、「帰国したら、また、戻ってきてください」と温かく送り出してくださって。ありがたいことに、今も続けさせていただいています。

 
――お父様が背中を押してくださったのですね。そして、その決断、挑戦が見事に実を結びました。ご帰国直後の『マーダー・バラッド』の舞台には、それまで見たことのない平野さんの姿がありました。セクシーで、危険で、なによりNYの風を感じました。
 
ありがとうございます!実は、帰国した翌日から『マーダー・バラッド』のお稽古に入ったんです。そこで、まず私にできることは、舞台上をNYの空気にすることかなと思って取り組んだので、そう言っていただけるとうれしいです。サラというこれまでにないタイプの役も挑戦でしたが、あの役に説得力を持たせることができたのは年齢的なものもあるのかなと思っています。

 

<次のページ>
小池先生にかけられたまさかの言葉

 

💡ミュージカル『レディ・ベス』関連記事
取材会レポート

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

レディ・べス

 
ミュージカル『レディ・べス』

脚本 / 歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽 / 編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
演出 / 訳詞: 小池修一郎

 
【リビング新聞・半館貸切公演】
日時:2017年10月28日(土)17:00
出演:平野綾、加藤和樹、古川雄大、未来優希、和音美桜、吉野圭吾、石川禅、涼風真世、山口祐一郎 ほか

———————————————————————————–
特別価格でチケット発売中!
チケット購入はチケットファン

———————————————————————————–

会場:帝国劇場

料金:S席13,500円 ⇒ 特別価格 12,700円
A席9,000円 ⇒ 特別価格 8,300円
B席4,000円 ⇒ 特別価格 3,500円 →SOLDOUT
※未就学児入場不可

※公演の詳細は公式サイト

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん