演劇・ミュージカル

インタビュー

平野綾さんSpecialインタビュー☆ミュージカル『レディ・ベス』~リビング半館貸切公演・特別価格でチケット発売中!

2017/07/25


 

平野綾2

 

小池先生にかけられたまさかの言葉

 
――そうして迎える2度目の『レディ・ベス』は、平野さんのキャリアの中でも特別なものになりそうですね。今年は芸能生活20周年ですし、なんと『レディ・ベス』の開幕日、10月8日は30歳のお誕生日です!(平野さんの初日は翌10月9日)
 
タイミングばっちりというか、来るべくして来るというか(笑)。
今年のはじめや5‐6月にもNYでボイストレーニングを受け、そこでベスの歌のお稽古もしたんです。そうしたら、自分でも驚くほど歌い方が変わっていて。なによりも、意識して変えたのではなく、自然とそうなっていたことにびっくりしました。それは技術的なこともありますが、歌に対しての解釈も変わったんです。同じように、芝居についても前回の自分の音源や映像を見ると、どうして私はこういう芝居をしているんだろう、今だったら、こうするだろうなというポイントがすごくたくさんあって。

前回は、余裕がなくてできていなかった“芝居を膨らませる”作業、今度はそこにも重きをおいて、自分なりの新しいベスを見いだせるのではないかと思っています。

 
――再演にあたり、演出の小池(修一郎)先生からは。
 
今年に入ってからだったと思うんですが、小池先生にばったり劇場でお会いしたんです。そのときに「どうやらNYですごく歌がうまくなって帰ってきたらしいじゃないですか」と言われ、その言葉にプレッシャーを感じていたら、「あなたは歌で選ばれたんです。それに自信をもって頑張りなさい」と。普段は全然褒めてくださらない小池先生がそう言ってくださって!それも自信になりました。
 

エリザベス1世にまつわるエトセトラ

 
――平野さんが大好きな画家のヒエロニムス・ボス。彼の希少な現存作品をご覧に東京都美術館に足を運ばれたとのことですが、その作品が『レディ・ベス』にも登場するスペインのフェリペ2世のコレクションだったというように、なにかとベスにご縁があるようですね。
 
そうなんです!ほかにもNYで『Sleep No More』を観たとき、ピアノの部屋にエリザベス1世の写真があって驚きました。「え?なんでここに?」という衝撃と興奮を、誰とも共有することはできなかったのですが(笑)。

そうそう、もうひとつありました!(映画『エリザベス』でエリザベス1世を演じた)ケイト・ブランシェットに会ったんです!会ったというのも変ですが、NBAの試合を観に行ったときにちょうどいらしていて。ブロードウェイでお芝居されていたときなので、もう、なんてタイミングなんだ!って。映画を何度も観て、彼女のエリザベス1世を参考にさせてもらったところも多いのでうれしかったです。そんな風に、行く先々でベスに関連したものに出会えている気がします。これはご縁ですね!

 

<次のページ>
ベスは闘う女性、とてもカッコいい人だと思います

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん