演劇・ミュージカル

インタビュー

古川雄大さんSpecialインタビュー▷ミュージカル『モーツァルト!』ヴォルフガングを演じるのは、自分にとってかつてない挑戦

2017/12/31


 

古川雄大122802

 

『黒執事』は自分の人生の中で
とても大きな作品

 
──今までヴォルフガングを演じてきた方は意識しますか?
 
(井上)芳雄さんはDVDで、アッキーさん(中川晃教さん)は音源で聞かせていただいて、(山崎)育三郎さんは舞台を拝見して、皆さんそれぞれ違うモーツァルトですから「ヴォルフガングはこういうイメージ」という固まったものはないのではないかと。卓越したものを持っていらっしゃる方々が演じてこられたということは、ヴォルフガングを演じるには何か武器を求められているんだろうと思います。歌なのか芝居なのか、完成度なのか……何を武器にしてヴォルフガングを演じるか、まずは自分に対する課題を感じています。

 
──古川さんはアーティストとしてご自分で作曲されるから、そこはヴォルフガングとの共通点ですよね。
 
そうですね。曲のジャンルは全然違いますが、作曲というのはゼロを1にするような難しさがあるんです。この感覚は作ったことがない人にはわからないかもしれないので、そこはヴォルフガングに共感できるところかもしれません。

 
──お姉様がいらっしゃるところも共通してますね。
 
ああ(笑)、そうですよね(笑)。役への共感もそうですが、いろんな手がかりを探しながら、ヴォルフガングに近づいていけたらと思いますね。

 

古川雄大1228003

 
──さて今、古川さんは12月31日に開幕する『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』の稽古中です。”豪華客船編”の上演で注目も集まっていますね。
 
原作でも人気のエピソードであり映画の公開もあって、ミュージカルに向けて高まっている中での上演で、自分としても集大成となるものが見せられたらという意識で臨んでいます。

 
──『黒執事』のセバスチャン役を演じられるのは今度で3度目ですが、ご自分で変わったなと思うところはありますか?
 
赤坂ACTシアターのような大きな劇場で(単独で)主演をさせていただいたのは『黒執事』が初めてでしたが、そんな中で「自分はまだまだ甘いな」と思うところや「ああ、これでいいんだ」と自信につながったところが同時にありました。多くの方に期待されている『黒執事』で自分が主役を演じるというプレッシャーが刺激になりましたし、今まで2回セバスチャンを演じてきて、自分自身で成長を感じることもできた。『黒執事』で経験したことが自分の糧となっているんです。自分の人生においては『黒執事』はとても大きな作品だなと思っています。

 

<次のページ>
古川雄大の2017年を
漢字一文字で表現!

 

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

kuroshitsuji_key_high
(c)2017 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

 
ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-
 
原作:枢やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本:Two hats Ltd.
演出:児玉明子
 
出演:古川雄大 内川蓮生
植原卓也 味方良介 原嶋元久 岡崎百々子 高木俊 寺山武志
内海啓貴 秋園美緒 那須幸蔵 河合龍之介/和泉宗兵/佐々木喜英 ほか

公演日程:2017年12月31日(日)~2018年1月14日(日) 
会  場:TBS赤坂ACTシアター
料  金:S席9,000円

◆各地公演
1月19日(金)~22日(月) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
1月26日(金)~28日(日) 愛知・江南市民文化会館
2月3日(土)・4日(日) 石川・本多の森ホール
2月10日(土)~12日(月・休) 福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール
 

※公演の詳細は公式サイト

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん