演劇・ミュージカル

インタビュー

Dramatic super dance theater 『Flamenco マクベス ~眠りを殺した男~』東山義久さん・木村咲哉さんSpecial対談~エンターテイメントな『マクベス』でさらなる高みを目指したい!

2018/05/15


 
フラメンコ マクベス

撮影/齋藤ジン

 
シェイクスピアの『マクベス』をドラマティックなフラメンコダンスで表現するDramatic super dance theater『Flamenco マクベス ~眠りを殺した男~』
マクベス役の東山義久さんと少年(未来の王)役の木村咲哉さんにお話を伺いました。
『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』に続く代表作に!」と東山さんが木村さんにエールを送ります。

そして、お二人のパーソナリティに迫る動画インタビューも撮影!近日公開!こちらもお楽しみに。

 

東山義久さん・木村咲哉さん対談~エンターテイメントな『マクベス』でさらなる高みを目指したい!

 
――東山さんと木村さんは昨年12月の『サロメ』以来の共演ですね。
 
東山 僕のこと、覚えてた?
 
木村 はい。前回は東山さんはサロメで女性役だったので……。
 
東山 気持ち悪かった(笑)?
 
木村 いや(笑)、色気があったんですけど、今回は男性役ですごくカッコイイです。
 
東山 ありがとう! 咲哉君とは何回かデュエットシーンがあったんですけど、子供と踊ってる感覚ではなかったですね。一人の舞台人として、やっぱり『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の経験を通じて、咲哉君の中にプロ意識が芽生えているのを感じたな。
 
――東山さんは『ビリー・エリオット』をご覧になったんですよね。
 
東山 はい。咲哉君のビリーで見せてもらいました。ビリーはものすごいエネルギーを必要とする役だし、うまく踊るとかじゃなく全部を叩きつけないといけない。今しかできないパフォーマンスだなと思いましたね。
 
――今、ビリーを演じたことを振り返ってみていかがでしたか?
 
木村 何十公演もあったから、あれを全部やったんだなって。楽しかったけど、練習から本番にかけて体力が大変でした。
 
東山 この年齢じゃないとできないことだしね。タイトルロールを演じるという機会はそんなにないことだし、一期一会の作品だったと思う。でも、それ故にこれからしばらくは皆に「咲哉君、ああ、『ビリー・エリオット』ね」と言われることになる。咲哉君は『ビリー・エリオット』を超え続けることが課せられているんだよね。大変だけど、挑戦し続けてほしいなと思う。
 
木村 『ビリー・エリオット』の後にすぐに『サロメ』の舞台に出られたのは、嬉しかったです。
 
――木村さんは舞台が好きですか?
 
木村 (即答で)好きです。
 
東山 これからも舞台をやっていくの?
 
木村 はい!
 
東山 よかった。急に「タクシー運転手がやりたい」とか言われたらどうしようかと思った。
 
木村 (笑)。
 
東山 僕は子供の頃、大きくなったらタクシー運転手になりたかったんだよね(笑)。

 

<次のページ>
『マクベス』は自分たちでどんどん発信する、刺激的な現場

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
Flamenco マクベス ~眠りを殺した男~
 
DIAMOND☆DOGS 15th Anniversary Series
Dramatic super dance theater

『Flamenco マクベス~眠りを殺した男~』

 
フラメンコ界の至宝、世界の小島章司、日本ダンスエンターテインメント界のトップランナー東山義久、元宝塚のトップスターでそのダンス力が高く評価されている水夏希、そしてドラマティックダンスの第一人者であり振付家の上田遙が挑む、シェイクスピア四大悲劇の最後の大作『マクベス』

魔女の予言により自分の主人ダンカン王を殺してしまうマクベスとその夫人を通して、人間の心の弱さ、闇の深さをフラメンコダンスで表現。

まるで肉体から台詞が聞こえてくるような踊り!最高のテクニックと荘厳・重厚な表現!
芸術とエンターテインメントを併せ持つオリジナルで美しく素晴らしい舞台空間は必見!!

 
台本:上田遙 / 河内連太
演出・振付:上田遙
音楽:T‐LAYLA
出演:東山義久・水 夏希
木村咲哉、森 新吾、小寺利光、中塚皓平、和田泰右、咲山 類、TAKA、箆津弘順
小島章司、ほか

 
日程:
2018年5月
23日(水) 19:00
24日(木) 19:00
25日(金) 14:00・19:00
26日(土) 14:00・18:00
27日(日) 14:00

会場:シアター1010

料金:全席指定9,000円

※3歳以下は入場不可、4歳以上は有料
 
チケット好評発売中!!
※チケットの購入、公演の詳細はコチラ

 

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

今村ねずみさん001

今村ねずみ

THE CONVOY SHOW vol.38 『ONE!』▷12月14日(土)...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/11/15NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.44】生瀬勝久×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/10/31

【早霧せいなのビタミン“S”】其の十九.「セッションし続けること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん