演劇・ミュージカル

インタビュー

三浦宏規さんSpecialインタビュー▷ミュージカル『レ・ミゼラブル』でマリウスに挑む

2019/02/01


 

19013003miurahiroki

撮影 / 平野晋子

 
ミュージカル『レ・ミゼラブル』でマリウス役に出演が決まった三浦宏規さん。
現在19歳。バレエで受賞歴があり、ミュージカル『テニスの王子様』の跡部役やミュージカル『刀剣乱舞』髭切役などで伸びやかな表現を見せる三浦さんが、日本初演30年という歴史ある作品にチャレンジします。
革命に燃え、コゼットと恋に落ちる青年マリウスをどう演じるのか? 意気込みをお聞きしました。


 
感情にまっすぐなマリウスは自分に通じる

 
――『レ・ミゼラブル』マリウス役は以前から演じてみたい役だったのですか?
 
はい!(マリウス役が内藤大希さんと海宝(直人)さんの公演を観て感銘を受けて、僕も挑戦したい!と強く思いました。

 
――ではマリウス役のオーディションがあると聞いたときはどうでしたか?
 
お話を聞いてすぐに「受けたいです!」と言った記憶があります。

 
――オーディションはどうでしたか?
 
当日は、ものすごく緊張しました。ただ、緊張はしたけれど、オーディションを受けること自体が経験と思って挑んだので怖さはなくて。この場で起きることをすべて吸収できるように!と思いながら、持っているものを最大限出せたかなと思います。でも、演出家の方に言われたことを全部消化できなくて、「まだまだ実力不足だな」と思いながらオーディション会場を後にしました。

 
――どうしてマリウス役に選ばれたのだと思いますか?
 
自分ではわかりませんが、「できることは何でもやってみよう」という気持ちになれたのが、感情にまっすぐなマリウスに通じるものがあったのかもしれないです。

 
――これまでの三浦さんの舞台を拝見して、幼少期からやってらっしゃるバレエが基礎にあり、ダンスを武器として活躍していらっしゃる方という印象を持っていました。『レ・ミゼラブル』という歌主体のミュージカルに出演されるのはある種の驚きがありましたが、そのあたりはご自分では?
 
そうですね…。僕にとっては、歌主体の作品に出演したことがないので、今回初めての挑戦ですが、心をこめて、歌に思いを乗せてお客様の心に届けられるようにしたいと思っています。

 
――今回が帝国劇場初出演になりますね。
 
「いつかは出たい」と漠然とした夢はありましたが、まさかこんなに早く実現するとは思いもしませんでした。いつかは叶ったら嬉しいという夢でしたが、それに似合う役者になるには現時点では程遠いかなという自己分析です。ここからがスタートだと思っています。帝国劇場の舞台に立てることに感謝しながら演じます!

 
――『レ・ミゼラブル』出演が決まって反響は?
 
反響はありました。共演者仲間から連絡が来ましたし、両親も喜んでいました。実家が三重なのですが御園座にも出演できるというので、祖父母も喜んでくれています(笑)。

 

<次のページ>
海宝直人と内藤大希とのトリプルキャストでどう演じる?

 

■□■ BUTAKOME☆Information ■□■
 
レ・ミゼラブル
 

『レ・ミゼラブル』

原作:ヴィクトル・ユゴー
 作 :アラン・ブーブリル、クロード=ミッシェル・シェーンベルク
作詞:ハーバート・クレッツマー
オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
演出:ローレンス・コナー、ジェームズ・パウエル
出演:
ジャン・バルジャン:福井晶一、吉原光夫、佐藤隆紀
ジャベール:川口竜也、上原理生、伊礼彼方
ファンテーヌ:知念里奈、濱田めぐみ、二宮愛
エポニーヌ:昆夏美、唯月ふうか、屋比久知奈
マリウス:海宝直人、内藤大希、三浦宏規
コゼット:生田絵梨花、小南満佑子、熊谷彩春
テナルディエ:駒田一、橋本じゅん、KENTARO、斎藤 司
マダム・テナルディエ:森公美子、鈴木ほのか、朴璐美
アンジョルラス:相葉裕樹、上山竜治、小野田龍之介

東京公演
公演日程:2019年4月19日(金)~2019年5月28日(火)
※プレビュー公演:4月15日(月)~4月18日(木)
劇場:帝国劇場
料金:S席1万4,000円 A席9,500円 B席5,000円 (全席指定・税込)

■大阪公演
公演日程:2019年7月3日(水)~2019年7月20日(土)
劇場:梅田芸術劇場メインホール
料金:S席1万4,000円 A席9,500円 B席5,500円 (全席指定・税込)
お問い合わせ:梅田芸術劇場メインホール 06-6377-3800

※詳細は公式HP

 
 

 

BUTAKOME【LINE@】

宝塚歌劇やミュージカルの先行販売情報やコラム等の記事更新情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん