BUTAKOME編集部

【会見レポート】ミュージカル『ファントム~もうひとつのオペラ座の怪人~』

2019/07/25


 
ファントム

 

「心情を歌いあげる歌」こそがミュージカルの魅力

 
続く質疑応答で記者から演出プランを聞かれた城田さんは、「サプライズとして取っておきたい」と笑いながらも、「心情を歌いあげる歌」こそがミュージカルの魅力であり、それを大事に演出したいと明かしてくれました。ダブルキャストの加藤さんも「歌を届ける」という城田さんの演出テーマに共感している様子。ファントムがなぜ怪人となったのか、その心の動きを「彼(城田さん)とともに追求していきたい」と語りました。

 

 
6人はいずれもダブルキャストということもあり、記者からは同じ役を演じる相手の印象や魅力は何かという質問も。城田さんが「とにかくひたすら真っすぐで不器用なところ」と加藤さんの魅力を明かせば、加藤さんは城田さんについて「最大の魅力は負けず嫌いのところ。それを隠さない」と紹介。「弱い部分も見せてくれる、そんな彼だからこそ信頼してついていこうと思う」と力強く語っていました。

 

お互いから刺激を受けているのはクリスティーヌ役の2人も同じ。愛希さんが木下さんについて「音楽への情熱をすごく感じてすばらしい。歌っているときの目の強さがすごい」と評すれば、木下さんは「存在感や舞台で放つ輝きを学ばせていただきたい」と愛希さんへの尊敬を口にしていました。
一方、シャンドン伯爵役の廣瀬さんは、木村さんの最大の魅力を「眉毛」と断言し、会場の笑いを取る場面も。すかさず木村さんが「淡々と面白いことが言える」と廣瀬さんの魅力を語るなど、早くも息ぴったりのカンパニーでした。

 
最後に、城田さんが「こんなファントム見たことないという、やったことのないことをたくさんちりばめていけたらなと思っています。この作品を通して、愛や生きるうえでのポジティブなエネルギー、すてきなメッセージをしっかりと届けられるようキャスト、スタッフ一同がんばっていきたいと思っています」と締めくくり、会見は終了しました。

 
ミュージカル「ファントム」は、TBS赤坂ACTシアターで11月9日~12月1日、梅田芸術劇場で12月7日~16日まで上演されます。

 

撮影/吉原朱美
取材・文/ 道丸摩耶(産経新聞社)
1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

KAIさん191226002

KAI

2020年1月12日(日)マイクレスコンサート第3弾を東京で開催!『ファントム...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/01/17NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.45】浦井健治×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/12/27

【早霧せいなのビタミン“S"】其の二十一.「故郷・佐世保からもらうエ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん