WOWOW「グリーン&ブラックス」2018

【突撃!G&B】第十九回☆グリブラの裏側全部見せます!?▷怒涛の公開ゲネプロが感動&爆笑のフィナーレ! 終演後も舞台裏はまだまだ熱い!

2018/11/25


 

GB19-9

 
終演後の控え室エリアは興奮のるつぼ! しかし筆者は余韻に浸っている場合じゃありません。開演前に捕まえられなかった出演者の方々を、今こそキャッチしなければ! 
お! お友達とキャッキャ可愛く写真を撮っている愛原実花さんを発見。撮影会の終わりを待って、突撃です。お疲れ様でした!

愛原 ものすごく楽しかったです! 夢みたいな時間でした。私自身もミュージカルファンなので、皆様のナンバーを袖で感動しながら聴いていました!
コントは……大緊張でした(笑)。私、ホントにああいう体力がないので不得意なんですけど。でもあっという間で楽しかったです!

 
加藤さんの『サ・イラ・モナムール』で、相葉さんとのデュエットダンスがとても素敵でした!

愛原 本当ですか!? よかった~。
二日前にダンスの振付がついて、この会場に来てすぐに相葉さんと合わせて…。でも、相葉さんとは『ラ・カージュ・オ・フォール』で共演しているので、そんなに心配はしなかったです。和樹さんもグリブラのコントでご一緒しているし、このメンバーでやらせてもらえてよかったなと思っています。

 
トークショーで福田さんや芳雄さんにイジられてしまうのは、もう愛原さんのお約束でしょうか(笑)。

愛原 ちょっとは気の利いたことを言わなくてはと思っているんですけど、いつもなかなかうまくは言えなくて(笑)。グリブラはいつもの収録でも、舞台裏で皆で練習したり、おしゃべりしている時のほうが面白くて、「ココを見せたらいいのに~!」ってよく思っていたんです。今回はそういうところもお見せできた企画だったと思うので、ぜひまた次があればいいなと思いましたね。

 
本当に! ありがとうございました~。

 
さてっ、男性控え室を覗くと、白く燃え尽きている人を発見。全身から安堵を漂わせている川久保さんです。お疲れ様でした!
 

GB19-10

 
川久保 いや~ありがとうございました。楽しかったです。コントも歌も、一発勝負はシビれましたね〜! 歌なんてホントに練習に練習して…、壁に向かって何回歌ったか、わからないすねえ。ミュージカル界のスターたちと一緒に歌うなんて、緊張もしますけど、幸せな体験でした。

 
川久保さんだって、グリブラにおいては突出した、貴重なキャラクターです!

川久保 ハハハハ! 僕、思うんですけど、グリブラに出ている皆さんって、もちろん舞台で演じている時のイメージがメインですよね。でももう一つ、僕らしか知らない裏側の魅力があって、それをグリブラでは思いっきり出してしまう。そういう意味でコメディドラマは、僕らにとってもワクワクする台本なんですよ。ああ~芳雄さんのココをイジっていいんだ、とか、ええ〜和樹のココ、ツッコんでいいの!? とか。そんな、皆が知りたい「あの人のあんな姿」をコントで知った後に、歌のコーナーで憧れの姿を存分に味わう。ついでにトークも聞けちゃうという、本当にすべてが詰まった最高の番組だと思います。僕も、皆さんにもっと楽しんでいただけるように力一杯ふざけていきますので、今後もよろしくお願いします!

 
私たち、BUTAKOME突撃取材班も全力で川久保さんを応援していますから〜。

川久保 ええ~嬉しい! もう今夜は飲みすぎちゃうと思いますっ。(一同笑)

 
ありがとうございました。好きなだけ飲んでくださいまし!

 

必死に『僕こそ音楽』を聴いていたまゆゆを
福田さんが思わず…!?

 
さあ、終演したからにはトットと会場を後にしなくてはいけない大人の事情がございます。リミット近し! 
でものんびりと談笑しているのは柿澤勇人さん、渡辺さん、そして福田さんの『シティ・オブ・エンジェルズ』組(当時公演中)。三人一緒にお話を伺いましょう! 監督、うまくいきましたね!

福田 うまくいかない理由がないっ(笑)。そんな難しいイベントじゃないですから。こんな感じで、またやれたらと思いましたね。
柿澤 そうですね~。

 
柿澤さん、渡辺さんはお約束通り、マチネ(昼)公演を終えて駆けつけてくれました。
 

18112408

 
渡辺 駆けつけました~。
福田 いや、大変だったと思います。やっぱり、二人が一番最後に駆けつけてくるという設定にしたかったんですよね。二人は大変だけど、できるだけセリフを少なくして、あとは歌えば何とかなるかなと(笑)。明日はまたマチソワ(昼と夜の二回公演!)だし、ホント申し訳ない。演出家としては複雑な思いですよね~。
渡辺 いや、すごく楽しかったです! 歌のコーナーも!
 

1124009GB

 
福田 まゆゆは本当に、フツーに楽しんでいたもんね。舞台袖で、直接見ようとして左右に揺れながら、必死に芳雄くんの『僕こそ音楽』を聴いているまゆゆの後ろ姿が愛おしくて! 後ろから抱きしめてあげたくなった〜。
柿澤 ハハハハ!
渡辺 真剣でした! リアルに!

 
柿澤さんも、濱田さんとのデュエットが最高でした!
 

GB19-12

 
柿澤 いやいやいやいや、もう緊張しちゃって。
福田 今日のチケット、買うのは超絶大変だったみたいです。だったら……と、さっき芳雄くんと話していたんですけど、次はいっそ幕張メッセとかでやっちゃうのもアリかと。
柿澤 ハハハ、それも面白いですね。
福田 もう、来たい人は全員来れちゃうという状況にする。幕張メッセが半分も埋まらなかったとしても、それでもやっちゃえ〜!という覚悟です。

 
なんか現実味のある話になってきましたね! ぜひ実現してほしいです。では怒涛の公開ゲネプロの締め括り、視聴者の皆さんに一言、お願いします!

渡辺 これからもコントや歌で、もしかしたら新しい方もどんどん登場するかもしれません。もっともっと楽しんでいただけたら嬉しいですね。
柿澤 そうですね。もしまだ番組が続くのであれば…。
福田 WOWOWの社長賞を取っちゃったからね! 終われませんよ~。(一同笑)
柿澤 なら、僕もまた出させてもらいたいなと思います。来年は僕、ミュージカルを一本もやらないので。

 
ええっ、それはちょっと残念……発表しちゃって大丈夫ですか!?

柿澤 大丈夫です。でもやっぱり続けて歌もレッスンしないといけないし。グリブラで、コントとミュージカルの歌を頑張ります!
福田 そうそう。僕にとってもグリブラは、ミュージカル界で生きていくための生命線ですから。だって僕、この番組でアッキー(中川晃教さん)と知り合って、年末の『サムシング・ロッテン!』に誘っているという(笑)。ホントにこの番組がなかったら、この先、キャスティングもままならない。お客さんが求めてくれる限りは続けたいと思うので、よろしくお願いします!

 
ありがとうございました~。本当に皆さん、お疲れ様でした! そう、公開ゲネプロは終わったけれど、グリブラはまだまだ続きます。ということは、BUTAKOME突撃連載もノンストップです! 次回の【突撃!G&B】では、放送前にミュージックショーのラインナップをいち早くご紹介する予定です。お楽しみに~♪

 

取材・文/演劇ライター・上野紀子

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

伊礼彼方

伊礼彼方

ミュージカル『レ・ミゼラブル』ジャベール役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/10/10

【中井美穂の幕内対談】Vol.4 殺陣師・栗原直樹さん ▷明日いよ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/11/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の八.「旬なものを食べること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/10/11

尾上松也さんに直撃!「究極のエンターテインメントでランダムスターの人..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん