WOWOW「グリーン&ブラックス」2019

【突撃!G&B】第二十三回☆グリブラの裏側全部見せます!? 珠玉のナンバーを一挙にお届け! 新春ミュージックショー拡大版!

2019/01/27


 

藤岡正明さん、井上芳雄さん

<左から>藤岡正明さん、井上芳雄さん

 
WOWOWオリジナルミュージカルコメディ福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』、通称グリブラの1月26日放送#22、いかがでしたでしょうか。2019年の幕開けにふさわしい、豪華ミュージックショー拡大版でございました。ではさっそく、グリブラだからこそ実現したその贅沢なラインナップをおさらいしましょうか!

 
我らがプリンス芳雄さん&藤岡正明さんによる『What You Own』(『RENT』より)、鈴木壮麻さん&石川禅さん&加藤和樹さんによる『星よ』(『レ・ミゼラブル』より)、柿澤勇人さんによる『愚かな愛』(『デスノート THE MUSICAL』より)、城田優さんによる『お前にゃ関係ないさ』(『ブロードウェイと銃弾』より)、中川晃教さんによる『君の瞳に恋してる』(『ジャージー・ボーイズ』より)、そして芳雄さん&真瀬はるかさんによる『ガス〜劇場猫』(『キャッツ』より)。どれも録画リピート必至の、珠玉の6曲でございました! さて前回の連載に引き続き、この中の3曲分の舞台裏コメントを突撃レポートいたします♪

 

井上芳雄さん

 
まず1曲目は芳雄さんと藤岡さん! 二人とも『ミス・サイゴン』クリス役など同じ役をやることはあっても、作品の中での共演はいまだに実現しておりません。そんな二人のデュエットは超貴重! しかも『RENT』のナンバー! 男二人の信頼関係が爽やかに浮かび上がって、ヒジョーに胸熱な収録でございました。お互いに見つめあって終わるラスト、照れくさそうな笑顔がたまりません〜。さあ、この果てしなく歌が上手いご両人に突撃でございます。この楽曲、どなたのリクエストでしょうか?

 
井上 僕が提案しました。藤岡くんと歌えるって聞いて、何がいいかな〜と。この曲、もともと好きだったんですよ。ま、僕は『RENT』はやったことないけど、藤岡くんはやっていたから。さらに、僕はマークのパートしか歌えないんだけど、藤岡くんはロジャー役やってたな!と思い出してね。

藤岡 このデュエットの話をいただいた時に、芳雄くんのマークが見てみたい!と思いましたよ。

井上 ちょっと歳が厳しいですけどね〜(笑)。

藤岡 それは別に、大丈夫じゃないかな!?

井上 ああ、ブロードウェイのオリジナルキャストの人たちは、わりと歳を取ってから映画にも出てたよね。この作品、本当に好きなんですよ。出たいな〜と思いながらも、ご縁がなく(笑)。

 
グリブラで、また一つ夢を叶えたということでしょうか〜。
 

井上 ハハハ! やったことのない作品の楽曲を、勝手にやっちゃう(笑)。でも、やったことがないからハードルは高いんですよね。しかも出演していた人と一緒に歌うっていうのは、すごく嬉しいけど、あきらかに僕の役作りの底が浅いわけで(笑)

藤岡 ま、役作りって言っても歌だから〜。

井上 そうだね、すごく楽しくやらせてもらいました!

藤岡 俺も楽しかったですわ〜。めちゃめちゃ新鮮だった。僕はロジャー役をやったといっても当時ピンチヒッターみたいな感じで出たので(2010年の公演で急遽代役を任されたのでした)、そんなに作品に対する先入観はないんですよね。やっぱりコンサートで歌わせてもらってることのほうが多いかな。

井上 男同士でこうやってウワ〜ッて歌うナンバーって、実はそんなにないよね。貴重な曲だと思う。ハモリがあったりして、すぐ歌える曲でもないしね。

藤岡 そうだね!

 

藤岡正明さん

 
実力あるお二人だからこそ実現したナンバーですね! 視聴者の皆様にアピールをぜひ〜。
 

藤岡 僕的には、これを聴いてもらえれば、芳雄くんのマークはまだまだあり得るという意見に同意していただけるのではと思います(笑)。やっぱり歌が上手いんだな〜って、再認識させてもらいましたね。テレビ越しに見るのとは違って、この近い距離で生声をビンビン聴かせられると、もう〜身が引き締まりました!(笑)

井上 藤岡くんだってすごく上手い。歌手としても活動しているからだろうけど、ミュージカル曲を歌っても、そこに自分のテイストを出せるのは素敵なことだなと感じましたね。僕はどっちかというと、何でもフラットには歌うけど、個性を色濃く出すというほうじゃないから。だから一緒に歌っていてとても刺激的だったし、それでいてちゃんと合うところは合う、とても理想的なデュエットではなかろうかと思います!

藤岡 そこは僕もびっくりした! とくに打ち合わせしていないのに、「ここはストレートに出して、ここからはビブラートだよね?」といった感覚的なものが、ぴったり合っていて。ただもう気持ちいいっ! そんな感じでした(笑)。

井上 そんな二人の波長が合ったところを、ぜひ堪能していただければと思います。

 
本当ですね! このマークとロジャーのペアは、ミュージカルファンならいつか絶対に見たいはず! ありがとうございました〜。

 

<次のページ>
柿澤勇人さんが、思い入れのある『デスノート』より
一番好きなあの曲を熱唱

 

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん