WOWOW「グリーン&ブラックス」2019

【突撃!G&B】第二十三回☆グリブラの裏側全部見せます!? 珠玉のナンバーを一挙にお届け! 新春ミュージックショー拡大版!

2019/01/27


柿澤勇人さん

柿澤勇人さん

 
さて2曲目は、柿澤勇人さんのソロナンバーです。これまた素敵なフェイントでしたね! ご自身が主人公・夜神月浦井健治さんとのWキャスト)を演じた舞台『デスノート THE MUSICAL』より、濱田めぐみさん演じる死神レムのナンバー、『愚かな愛』でした。レムの献身愛が詰まった、涙腺を刺激する名曲です! 男性が歌ってもいい曲はやっぱりいい〜〜。スタジオでのモニターチェックで、画面に映る自身の姿を見つめながら、体を揺らして歌っていた柿澤さんがとってもキュートだったことを報告しておきましょう。いざ突撃、この楽曲はご自身の選曲でしょうか?
 

柿澤 そうです。『デスノート』をやっている時に、いつも遊びで歌っていたんです。一番好きな曲なので。他の方の曲っていいですよね(笑)。

 
男性が歌っても素敵だなと再発見させていただきました。これをグリブラで歌うことは、濱田さんにはお知らせしたんですか?
 

柿澤 言ってない、言ってない。大丈夫でしょう。「あ、そう? よかったね〜」ってたぶん言うんじゃないですか(笑)。

 
ご自身の評価は?

 
柿澤 いや〜緊張しました。グリブラでソロで歌うのは、初めてだったと思うんですよ。これまではずっと誰かとデュエットだったので。一人はやっぱり緊張しますね〜。二人のほうが安心です(笑)。

 

柿澤勇人さん

 
ほかにも柿澤さんの意外な選曲をぜひ聴いてみたいです!

 
柿澤 いや〜もう、ないですね。この曲は本当に、稽古場でずっと遊びで歌っていたので慣れていたんです。ほかの曲はね、まあ練習して歌うならいいんですけど。もうレパートリーはありません(笑)。

 
『デスノート』は柿澤さんにとって思い入れのある、大切な作品なんですね。

 
柿澤 そうですね、立ち上げから携わらせてもらったし、海外(台湾)でもやりましたし。たぶん僕が月(ライト)をやることはもうないと思いますけど、いつか死神リューク(初演では吉田鋼太郎さん、再演では石井一孝さんが熱演されました!)をやりたいなと思っています。日本のオリジナルミュージカルなので、思い入れはあります。今後もキャストを変えて、再演は続いていくと思いますし、海外でもまた上演されると思うので、大事にしていってほしいな〜と思います。

 
視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

 
柿澤 普段は絶対に歌うことがない曲で、僕がレムをやることは一生ないですけど(笑)、これぞフランク・ワイルドホーン(作曲家)だ!っていう、キャッチーなメロディが耳に残るいい曲です。舞台では僕はレムを追い詰める役を演じていたから、『デスノート』を観たことのある人は新鮮な気持ちで聴けると思いますし、このミュージカルを知らない人でも、単純にいい曲だと感じていただけるのではないかと思いますね。

 
ありがとうございました〜。『デスノートTHE MUSICAL』は、2020年1月の上演が決定しましたね! 新キャストによる再演も楽しみです!

 

さてインタビューの大トリは、収録時はいつでも元気いっぱいの城田優さんです。
 

城田優

 
実は城田さんだけ、収録前のメイク中にお話を伺わせていただきました。控え室にはミュージカル『ブロードウェイと銃弾』で見事なステップで魅了してくれた最強アンサンブルの方々も集結しております。「この後のナンバーについて…」と突撃を始めようとした途端、廊下にまで響き渡る美声で「お前にゃ関係ないっさー! ドゥドゥドゥー!」と歌い出した城田さんなのでした。すでに、ほとばしる情熱を止められない様子ですね…。

 
城田 はいっ! ほとばしる情熱の城田です!

 

城田優

 

この楽曲は城田さんがお選びになったのでしょうか?
 

城田 いえ、僕じゃない。福田さんのリクエストだと思います。深夜に皆でヒーヒー言いながら集まって、電車もないような時間に練習しました。皆さん、ほかのミュージカルの本番中とか、まもなく本番で稽古中とか、とても忙しいなか集まって2時間くらい思い出し稽古をやったんですけど、す〜ごく楽しかったです! もうバッチリです! もともと皆さん上手な方たちですからね。今回は、この番組用にアレンジされているので、私のように千本ノックの稽古をやった人間からすると、振りの変更ほど怖いものはないっ!(笑)どうしても本番の時の手振りをやりたくなってしまって、そこがちょっと難しいところではあります。今までは、この『グリーン&ブラックス』のために稽古をして本番に臨んだことが一度もなかったですからね。で、いつも収録は一回だけでオッケーというスタイルでやってきたけど、今回は一発オッケー出せるかな〜?(笑)まあ、チーム“ブロードウェイと銃弾”、非常に優秀なメンツが揃っておりますので、おそらく誰も間違えることなく、最高のタップを踏んでみせます! いや、踏んでみせます!

 
二度言った…。今、自分自身を追い込んでいらっしゃいますね?(笑)
 

城田 大丈夫ですっ! 劇場でご覧になった方は、本公演との違いを探って見てもらえたらいいかなと思います。劇場に見に来られなかった方もたくさんいらっしゃると思うので、ぜひ、『ブロードウェイと銃弾』、確実に再演があると思いますので、そのために予習してもらえたらと。我々も楽しんでやりますので、ぜひ楽しんで見てください!

 

ありがとうございました! 頼もしい宣言の通りに、もう〜隅から隅までカッコいい! そんな一曲となっていましたよね! 舞台の再演も楽しみに待ちたいと思います♪

 

城田優

 

さて、次回の突撃連載は2月16日放送の#23、ミュージックショーの裏側に迫ります。貴重なソロナンバーやデュエットが今後も続々登場しますよ〜。オンエアを見る前に、この【突撃!G&B】で俳優さんたちの収録時の生コメントをチェックしてくださいね! お楽しみに〜♪

 

取材・文/演劇ライター・上野紀子

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

フランク・ワイルドホーン、城田優

フランク・ワイルドホーンpresents 『Special Musical C...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/03/31

【韓国探訪SP☆総集編☆】早霧せいなのビタミン”S" in ソウル ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん