WOWOW「グリーン&ブラックス」2019

【突撃!G&B】第二十八回☆グリブラの裏側全部見せます!? 3年目も、グリブラでしか見られない!感動の歌声を徹底追跡!?

2019/04/17


 

<左から>井上芳雄さん、柿澤勇人さん

 
WOWOWオリジナルミュージカルコメディ福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』、通称グリブラが、めでたく三度目の春を迎えました! 4月24日放送の#25からいよいよ新展開へと突入いたします〜! 
何が新しいって、まずは番組オフィシャルサイトが新装オープン! 
おめでとうございます〜さっそく覗きに行きましょう♪

次回#25の予告動画を観ると、福田監督と我らがプリンス芳雄さんが前回のトークで「ロケ企画」と話していた通りに有言実行! ミュージカル『キンキーブーツ』の稽古場に潜入しているじゃありませんかっ。気になるところではありますが、我がBUTAKOME【突撃!G&B】も新たな春を迎えて心機一転です。こちらではグリブラのミュージックショーを、より熱くフィーチャーする連載としてリスタートしたいと思います!

 

 
そんなわけで#25のミュージックショーはこの2曲、軽妙洒脱な男性デュエット&気になる日本初演ミュージカルのナンバーが登場。まずは芳雄さんと柿澤勇人さんのデュエットで、『You’re Nothing Without Me』。昨年上演された福田さん演出、柿澤さん出演のミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』の代表的なナンバーでございます。柿澤さんは、当然ご自身が演じた小説家のパートを担当。となると、彼の小説の主人公である探偵のパートが芳雄さんになるわけですね。「お前は俺無しじゃ、何もできないんだよ!」って言い合いっこする内容の歌を、このお二人の競演で…。う〜む、とってもチャーミングな雰囲気を妄想してしまいます♡ 
 
芳雄さんも柿澤さんも、スタジオでの歌収録はもはや慣れたもの。サクサクとステージング(振付)を覚えた後、収録の待ち時間にはとてもリラックスしておしゃべりしていらっしゃいました。芳雄さんの一言に柿澤さんが大笑いするなど、その光景はまるで男子校の昼休みのよう…(妄想爆走)。本番では、実はとっても難しいジャジーな楽曲を、抜群のコンビネーションでさらりとオシャレに歌い上げていたお二人でした。さあ、控え室に戻られたところを突撃です! この楽曲、リクエストされたのはおそらく…!?
 

井上 はい、僕です(笑)。ずっと「歌いたい」って言っていたのが、今回やっと叶いました。カッキーとは確か、グリブラの最初の頃に『闇が広がる』(『エリザベート』より)を一緒に歌ったよね?

柿澤 そうですね、久しぶりのデュエットでした。今回は、僕は自分が演じていた役だからいいけど、芳雄さんは大変だったかと。しかもジョシュ・グローバンさんと歌った後で〜。(一同笑)

 
そうなんです! 柿澤さんとのデュエットの前に、芳雄さんはあの世界的歌手ジョシュ・グローバンさんと『塵と灰』を熱唱されたのでした。そちらは5月に放送予定! それに続く柿澤さんとの収録は、心なしか芳雄さんの表情が柔らかい様子、“いつもの仲間”に会えて安堵に満ちていたように感じられて…
 

井上 いえいえ、僕としては今日はもう、グローバンかカッキーか!みたいな〜。

柿澤 嘘だよ〜(笑)。「今日はもう終わった〜」みたいな感じだったんじゃない?(一同笑) いや、僕は面白かったですよ。

井上 僕も楽しかった。この曲、もともと好きで、自分のコンサートでも歌っていたんです。でも僕はいつもカッキーパートを…、小説家のほうを歌っていたんですよね。それで今日歌うことになって、あっ、そうか俺、探偵だ!と気づいて(笑)。歌う箇所がまるっきり違うしハモらなきゃいけないから、それなりに大変ではありました。でも実際に舞台をやっていた人と一緒に歌うのが好きなんです。自分の至らなさがわかるので(笑)。

柿澤 何を言ってるんですか(笑)!

井上 役の掘り下げが浅いところがね〜。でもそんなふうに、格好でやっちゃう自分も嫌いじゃない(笑)。

柿澤 わかります(笑)。

井上 でもカッキーは、いい意味で固まらないなと。歌っていても、ふわふわと自由な感じがするんですよね。そこがすごく面白くて、好きだな〜と思いました。ひさしぶりに歌ったからかもしれないけど。

柿澤 そう、舞台が終わって以降、初めて歌ったから。

井上 僕もこのミュージカルを拝見しましたが、カッキーの演じる小説家は、思っていたよりも生意気な感じがして面白かった。ブロードウェイの舞台のイメージはちょっと違うじゃない? もっと弱気な感じの小説家で…。

柿澤 そうそう、わりと地味な感じで、太っているんですよね。

井上 小憎らしい感じで演じていて、新鮮でよかったです。この曲って、二人がいがみ合っているんだけど、でも実はお互いが必要だって歌だから。その雰囲気がとてもよく出ていたなと思いましたね。

 

 
柿澤さんは、芳雄さんとのひさしぶりのデュエットはいかがでしたか?
 

柿澤 前の『闇が広がる』の時もそうだったんですけど、引っ張っていってくれるので、もう僕は、ゆだねるだけ〜って感じです。

井上 僕ら、一緒の舞台に立ったことないんだもんね。グリブラでしか絡んだことないから、不思議な感じがする(笑)。

 
では視聴者の皆さんに、今日の楽曲アピールをどうぞ〜。
 

柿澤 いや〜、今回はミュージカル界のレジェンドと一緒に…。

井上 フンッ(と、鼻で照れ笑い)。

柿澤 デュエットができて、ホントに嬉しかったです。ぜひ注目してくださいっ。

井上 男性同士のデュエットって実はあんまりないんですよね。それこそ“闇ひろ”か、これか、みたいな。

柿澤 確かに! ほかにないですね。

井上 だからカッキーとは、これぞ!という男性デュエットを歌って来ているわけです。お芝居っぽい曲だし、メロディも華やか。この稀少な男性デュエットをグリブラのラインナップに残せることが嬉しいですね。

 
本当に、春の新スタートにふさわしい豪華デュエットをありがとうございました!

 

<次のページ>
お次は、この日もノリノリの
浦井健治さんに突撃!

 

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

フランク・ワイルドホーン、城田優

フランク・ワイルドホーンpresents 『Special Musical C...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/04/30

速報【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪】平成最後の対談のお相手は伊礼彼方..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/04/30

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十三.「わからないことをずっと追い..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/05/22NEW

尾上松也のエンタメ異文化交流録▷『レ・ミゼラブル』~愛情深さがにじみ..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん