WOWOW「グリーン&ブラックス」2019

【突撃!G&B】第二十九回☆グリブラの裏側全部見せます!? あの世界的歌手がグリブラ降臨!&ブロードウェイのリバイバル・ヒット作が日本で開幕!

2019/05/16


グリーン&ブラックス29

<左から>ジョシュ・グローバンさん、井上芳雄さん

 
WOWOWオリジナルミュージカルコメディ福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』、通称グリブラの5月22日#26の放送が近づいてまいりました~。見逃し厳禁、録画必至は毎度のことですが、今回はホントに神回! なんたってあの世界的歌手、ジョシュ・グローバンさんが、グリブラのミュージックショー収録スタジオに登場でございます!

ジョシュさんといえば記憶に新しいのは、昨年の第72回トニー賞授賞式で堂々の司会を務められたこと。WOWOWの生中継では、東京のスタジオで芳雄さんがナビゲートすることはもうお馴染みですよね。この6月10日に開催される第73回トニー賞授賞式も、芳雄さんが再びナビゲーターとして生中継の進行を務められます。また、ジョシュさんと芳雄さんはミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』で同じピエール役を演じた縁もあり! デュエットする楽曲もやっぱり同作の代表的ナンバー、『Dust and Ashes』! ってことでスタジオ内の期待熱も跳ね上がりまくりです。そんな中、控え室で準備に勤しむ芳雄さんのもとに、ジョシュさんが軽やかな足取りで現れたのでした。

 

グリーン&ブラックス29

 

笑顔でガシッと握手するお二人。初対面のはずだけど、すでに何度も会っている友人同士のような気さくなおしゃべりが始まりました。芳雄さんが流暢な英語で今日の進行を説明すると、「オッケー!ちょっとピアノで合わせてみたいんだけど~」とジョシュさん。さっそくスタジオ内に移動し、自らピアノを弾くジョシュさんに、声を合わせる芳雄さん…。ふおお~贅沢な光景! さくさくときっかけ等を確認し、いざお二人が並んでのデュエット収録がスタートしました。

ジョシュさんの第一声、その深みのあるまろやかな声に悩殺され、そこに合わさる芳雄さんの澄んだ美声によって『グレート・コメット』の壮大な世界へと瞬時にワープ。お二人の歌声だけでもゴージャスなのに、男女6人のアンサンブル・コーラスが加わって、さらに厚みのある、荘厳とも言える世界が広がって…。えもいわれぬ感動で泣きそうになっていたのは筆者だけではないはずですっ(確信)。

 
歌の収録を終えると、ジョシュさんは、音楽監督の大貫祐一郎さんを始めとするバンドの皆さんに「ブラボー! サンキュー!」と一言。コメント収録も楽しそうに協力してくださって、本当にフレンドリーでいい人~。そしてすべての収録を終えた時、サプライズが! 大貫さんがピアノで弾き始めたのは……ハッピーバースデー♪の前奏でした。そうなんです。収録日の数日前がジョシュさんのお誕生日だったんですね。スタジオ内に合唱が響いて、芳雄さんからジョシュさんに花束をプレゼント。「いくつになったんですか?」という芳雄さんの問いに「サーティーエイト♪」と明るく答えるジョシュさん。「38…、え! 俺より年下だった……」という芳雄さんのつぶやきに、筆者もあらためて驚いたのでした。なんとなくイメージで、ジョシュさんは芳雄さんよりずっと年上かと思ってた……。お二人、同年代だったのですね~。さらにグリブラTシャツもプレゼントされたジョシュさんは、「素敵なショーにお招きいただき、ありがとうございました!」と満面の笑顔でスタジオを後にされたのでした。
 

グリーン&ブラックス29

 

さてっ、ホストとして歌もおもてなしも完璧にやり遂げた芳雄さんに突撃です! 素晴らしいひとときでしたね! お二人の息がぴったりでした。
 

井上 初対面なんですけど、とてもフレンドリーな方でしたね。『グレート・コメット』で同じ役をやったという安心感もあったのかな。僕のほうはCDをずっと聴いていましたしね。今回のデュエット、直前になってハモることになったんですよ。パート割りも「ここはこうしたほうがいいんじゃないか」とハッキリした提案があったのでドキドキしましたけど、彼がまったく威圧的な人じゃなくて、終始にこやかで、とにかく素晴らしい声ですからね。緊張感と安心感、どっちもあるような不思議な感じでした。またコーラスも実際に『グレート・コメット』日本初演に出ていたメンバー来てくれたので、ちょっと懐かしい感じもして嬉しかったですね。

 
ミュージカル『グレート・コメット』日本版演出の小林香さんも、スタジオにいらして見学されていましたね。
 

井上 そうですね、いろんな人が来ていたみたいです(笑)。大貫さんが「これまで見たことないくらい、人がいるね」って言ってました(笑)。本当に、『グリーン&ブラックス』という番組をやっているおかげで、こんな機会に恵まれて。あのジョシュ・グローバンがこの番組に来てくれたことが、とにかくすごい! いろんな奇跡が重なって今日の収録が実現したんですよね。しかも彼、『Dust and Ashes』を歌ったのは、ブロードウェイでの最後のパフォーマンス以来だって言ってましたよ。そういう意味でもすごい貴重じゃないかと。ジョシュのファンの人も、初めて聴く人も楽しみにしていただきたいですね。またぜひ日本に来てくれるといいなと思います。
 

本当に、ぜひ珠玉のデュエット第二弾を期待したいです!

 

<次のページ>
お次は、艶やかな美声を響かせる城田優さんに突撃!

 

 

BUTAKOME☆INFORMATION

 
井上芳雄さん2019Tony
 

『生中継!第73回トニー賞授賞式』
6月10日(月)8:00 WOWOWプライムにて放送
字幕版は6月15日(土)19:00 WOWOWライブにて放送
 
ナビゲーターは井上芳雄さん!!
スペシャル・ゲストとして堂本光一さん出演決定!

WOWOWでは、演劇・ミュージカル界における世界最高峰のアワード「第73回トニー 賞授賞式」を今年も生中継!

日本のスタジオからは、 ミュージカル界のトップスター・井上芳雄さんがナビゲート。
スペシャル・ゲストとして「Endless SHOCK」でミュージカルの単独 主演最多記録1,700回公演を達成し、自らも演出を手がける堂本光一さんがスペシャル・ゲストで出演決定!

授賞式当日、ミュージカル『ナイツ・テイル―騎士物語―』で共演して以来、親交を深めたお2人による生中継をお見逃しなく!

 

 

BUTAKOME【LINE@】

宝塚歌劇やミュージカルの先行販売情報やコラム等の記事更新情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん