WOWOW「グリーン&ブラックス」2019

【突撃!G&B】第三十四回☆グリブラの裏側全部見せます!? 歌姫の迫力が半端ないっ!&名曲揃いの舞台から選りすぐりの一曲を披露!

2019/08/23


 

G&B

浦井健治さん

 
続きましては浦井健治さんの登場です。主演舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の開幕は8月31日(土)…、もう間もなくではないですか! 日本でも多くのファンに支持されているオフ・ブロードウェイ発の大ヒット舞台。性転換手術に失敗したロックシンガー、ヘドウィグが、幾多の出会いの中で愛と裏切りを経験し、傷つきながらも自分の存在理由を求め続けるお話ですね。日本版の舞台が誕生したのは2004年。これまで三上博史さん、山本耕史さん、森山未來さんが演じてきた熱いステージを、今度は浦井さんが引き継ぐことに。この作品は何と言っても楽曲がすべてマーベラスッ! …と思わず不慣れな英単語でイキがってみたくなるほど、胸を打つ楽曲が勢揃いしているのです! 
 
その中の一曲『ミッドナイト・レディオ』を、浦井さんが舞台の稽古に先駆けて歌ってくださいました。ミュージックショーの収録のスピーディーさでは、城田優さんと一、二を争う浦井さんです。今回も、直前までは無邪気な笑顔を見せていたのに、本番は瞬時にスイッチ・オン。情熱の美声でヘドウィグの世界観をたっぷりと味わわせてくださいました〜。ああ、舞台が楽しみです! いざ突撃、あまりにも収録がスムーズで、ずいぶん歌いこんでいるように感じました。

 
浦井 この曲は結構歌いこんでいますね。これはStarSのコンサートの時がきっかけで歌ったのが、最初だったんです。歌っている時に手を上げてくれたりして、お客さんとのコミュニケーションの曲、愛の受け渡しの曲として育っていった感があるんですね。その当時から歌い続けてきたので、自分の中で血となり、肉となっている感覚はありますね。

 
 その縁が実を結んで、ヘドウィグを演じることに。素晴らしいですね。
 
浦井 そうですね、でもまさか僕が日本の四代目のヘドウィグをやらせていただくことになるなんて、夢にも思っていなくて。歌い続けてきたこの曲を本編の舞台につなげられた、そのチャンスをいただけたことに感謝しかないし、役者冥利に尽きるなと思います。

 
 ほかの楽曲も、いい曲ばかりですよね!
 
浦井 そう。今回は、劇団☆新感線でお世話になっている冠 徹弥さんが歌唱指導をしてくださって、及川眠子さんが全曲、新しく作詞してくださいます。バンドの方も素晴らしいメンバーが揃っていて、奇跡のグルーヴが生まれるような気がしていますね。そしてイツァーク役が、それこそ“日本のヘドウィグ”と呼ばれている「女王蜂」のアヴちゃんなので。お手本が隣にいてくれるのはすごく光栄だし、鬼に金棒……じゃなくて、鬼にチェーンソーになってます。(一同笑)

 

G&B

 
 ハードな(笑)! 舞台がとても楽しみです。
 
浦井 ありがとうございます。歌って、もがいて、叫んでいく中で、人間とは、生きるとは…といった壮大なメッセージが込められている、人間の本質を突いている作品だと思うんですね。演出の福山桜子さんからは、「浦井くんが演じることで、その本質をあぶり出せる気がしているから。私はそこに絶対に行ける! 演劇の力を信じて」という言葉をもらっています。

 
 最後に今回の楽曲について、一言お願いします!
 
浦井 今回、グリブラで収録させていただいた歌の歌詞は、日本初代の三上博史さんが日本語作詞されたものなんですね。でも舞台のほうは及川眠子さんの作詞になるので、この歌詞とはまったく違います。こちらはグリブラバージョンとして楽しんでいただいて、興味を持っていただけたなら、ぜひ舞台のほうへも足を運んでいただけたら嬉しいです。東京はEXシアター六本木から始まって、福岡、名古屋、大阪を回って、また東京に戻ってくるんですが、EXシアター以外のほかの会場は全部、Zeppというライブハウスです。グリブラを観てくださっているミュージカルファンの方で、Zeppに入ったことのない方でも、けっして恐れることなく来ていただけたら(笑)。スタンディングじゃないので、席もちゃんとあるので安全です(笑)!
 

 丁寧な説明をありがとうございます(笑)。Zeppに行かねば! まだ見たことのない浦井さんが見られるような予感がしますね〜。

 

さて、次回の【突撃!G&B】は9月25日放送の『グリーン&ブラックス』#30、その放送の前に、ミュージックショーの裏側をレポートしたいと思います。まだまだ嬉しい初登場にも、奇跡のデュエットにもガッツリ期待してくださいませ〜。どうぞお楽しみに♪

 

取材・文/演劇ライター・上野紀子

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

KAIさん191226002

KAI

2020年1月12日(日)マイクレスコンサート第3弾を東京で開催!『ファントム...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/01/17NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.45】浦井健治×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/12/27

【早霧せいなのビタミン“S"】其の二十一.「故郷・佐世保からもらうエ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん