ニューヨークから直送!最新ブロードウェイレポート

新連載☆演劇ライター・大原薫のNYから直送!“最新ブロードウェイミュージカルレポート”始まります

2014/10/30


 

NY直送1-1

ブロードウェイでしか味わえない楽しさ
 
エンターテイメントの現場で、常に新しいムーブメントを起こし続ける街ニューヨーク、ブロードウェイ。
他では見られない、最新のミュージカルが知りたければ、まずニューヨークに!

……ということで、

ブロードウェイミュージカルの魅力に取りつかれた私、演劇ライターの大原薫が”NYから直送!最新ブロードウェイミュージカルレポート”をBUTAKOMEでお届けいたします♪

 
私が毎年のようにブロードウェイを訪れるようになって10年以上。
 
何がそんなに私をとらえるのかというと……

一つは、大好きな作品との出会いがあったこと。
ちなみに私がブロードウェイで見た中で最も好きな三大作品は『RENT』『春のめざめ』『アメリカン・イディオット』
胸の奥底から揺さぶられるような衝撃があり、滞在中の限られた時間でも何度も見に行ってしまいたくなる。
この三作品はそれぞれ、今までのミュージカルとは一線を画した斬新なもの。(国内でそれなりに数多くの作品を見ている私でも)「今までに見たことがないものに出会える」のがブロードウェイなのです。

 
もう一つは、ブロードウェイという場所。
ブロードウェイ41丁目から53丁目まで、38もの劇場がひしめいています。
ブロードウェイの劇場は夜の部は20時開演が多いので、大体殆どが同じ時間に始まり、似たような時間に終演します。皆さんは舞台を見終わって劇場を出るとき、ウキウキしたような高揚した気分になりませんか?
 
NY直送1-2
 
ブロードウェイで観劇すると、自分と同じような人たちが周りに何万人もいるんです。舞台を見て幸せな気持ちになっている人たちが一堂に会して、心の高まりを共有し合える場所がブロードウェイ。ロンドンにも劇場街がありますが、いくつかに分散されているので、舞台を見る人がこれだけ集まる場所は本当に世界にここ一つだけ。観光客で初めて舞台を見る人も何百回も見る人も含めて、舞台はこんなにも多くの人に心を動かせるんだ、と直接目にして実感できるのは世界中でもブロードウェイしかありません。
 
何度行っても新たな発見に胸が高まる街、それがニューヨーク、ブロードウェイなのです。

 
この秋もニューヨークに行き、観劇三昧の日々を送ってきました♪
今年のトニー賞受賞作品やこの秋開幕したばかりのホヤホヤの新作、ロングランを続ける作品など、最新ニューヨークミュージカル事情を4回連載でお届けします!

第1弾は…
「ブロードウェイ最新作! これから日本で見られるミュージカルを先取り」
 
お楽しみに♪

 
大原 薫(おおはら・かおる)■
プロフィール
演劇ライターとして、雑誌(BEST STAGE、Sparkle、ミュージカルなど)や公演パンフレットなどで執筆。ラミン・カリムルー、レア・サロンガ、リーヴァイ・クライスなど海外ミュージカルスターにも精力的に取材する。ブロードウェイミュージカルの魅力に惹かれ、現地でしか味わえない感動を求めて、毎年ニューヨークを訪れ、観劇三昧の日々を過ごしている。一推しのミュージカルスターは『RENT』のマーク役オリジナルキャストのアンソニー・ラップ。アンソニーの自伝的一人ミュージカル『without you』を見るために、アメリカ・ピッツバーグや韓国・ソウルまで脚を運んだ。

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん