ニューヨークから直送!最新ブロードウェイレポート

演劇ライター・大原薫のNYから直送◎第1弾◎ブロードウェイ最新作!これから日本で見られるミュージカルを先取り♪

2014/11/05


 
NY直送①-4

身近な感覚が胸に迫る『Once ダブリンの街角で』

 
『アラジン』が豪華絢爛、いかにもブロードウェイミュージカルらしいエンターテイメントなら、その対極に位置しているのが、今年11月に来日公演が決定している『Once ダブリンの街角で』
観客を自然と巻き込み、舞台と客席が一体感を醸し出す親密感と、リアルな心情の揺れを動き出すストーリーが魅力の作品です。
一口に「ブロードウェイミュージカル」と言っても、こんなに作品のタイプが違うものか、と幅の広さには驚かざるをえません。
 
ブロードウェイミュージカルには初めから大劇場で上演することを目指して作られたものと、オフ・ブロードウェイと呼ばれる小劇場で始まった作品が評判を呼んで大劇場で上演されるようになったものがあります。
『レント』『春のめざめ』、そしてこの『Once』はオフ・ブロードウェイから始まった作品です。
私が『Once』を観劇したのは、ブロードウェイでの上演がスタートしたばかりの2012年ですが、これから日本でご覧になる皆さんにも作品の魅力をご紹介したく、今回のレポートで取り上げることにしました。

 
アイルランド人のストリート・ミュージシャンの男性(GUY)とチェコ移民の女性(GIRL)の恋を描く『Once』の一番の特徴は観客との親密さ。舞台上にはアイルランドのパブのセットが組まれているのですが、開演20分前くらいから、ステージ上に出演する役者さんたちが現れ、生演奏を始めるのです。それも、いかにも「演奏を始めます」というのでなく、セッションが始まったような自然なスタイルで。観客も思い思いに音楽に親しみ、和やかな雰囲気が生まれる中で、いつの間にか切れ目なく演奏から『Once』の世界へと移行していきます。
 
『Once』では出演者は常に舞台上に位置しています。自分の出番が終わったあともステージのどこかから、GUYとGIRLの恋の行方を見つめているのです。しかも、楽器の演奏だけを専門にするオーケストラはいなくて、役者さん自身がすべての演奏を担当。また、パブの場面からレコード会社のオフィスへなど、舞台転換や小道具の移動もすべて役者さんが行っているのです。
 
1幕が終わった休憩時間も、『Once』の世界は続きます。なんと、舞台セット上のパブで飲み物の販売が始まり、観客もステージ上に上がって飲み物を買うことができるのです。私たち観客も、ステージ上の片隅にいる出演者と同じようにGUYとGIRLの恋を見つめている……そんな、共有感が自然と生まれてきます。

ちなみに私は『Once』を見ていたときに思い出したのが、串田和美さん演出の音楽劇でした。『上海バンスキング』では出演者が演奏し、『コーカサスの白墨の輪』では休憩時間に出演者が観客に飲み物を売っていましたが、それと共通する一体感、親密感があるなと思います。

 
最近テレビで放映された原作映画を見ましたが、映画版の繊細で美しいメロディはもちろんそのまま舞台でも使われています。何気ない心の揺れやもどかしい思いが描かれている作品の世界観がそのまま舞台で描かれていたのだな……と、改めてミュージカル版『Once』に触れてみたくなりました。
日本での公演会場は席数900のEXシアター六本木。ブロードウェイの劇場と同じような親密さで見られるのが楽しみです。

 

<次のページ>
ミュージカルの名作をリバイバル『ON THE TOWN』

 

1 2 3 4

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん