ニューヨークから直送!最新ブロードウェイレポート

BWAY特派員・辛源のミュージカルレポート☆渡辺謙さんブロードウェイ初挑戦!『王様と私(The King and I)』

2015/04/11


 
王様と私4

 
BWAYのキャスティング事情は、1951年『王様と私』の初演時とは大きく変わっていることがあります。近年ニューヨークは、多人種ゆえ、役者の人種が役に沿ったキャスティングであることかどうかに対し、非常に敏感な街となりました。それは、歴史的に、白人が、白人でない役を演じてきた過去があるからです。例えば、白人が東洋人に顔に似せることを「Yellow face(イェローフェイス(**)」といい、細目や地黒塗り、黒髪のカツラをかぶるなど、アジア人顔にするための一連のメイクをします。現在、これはタブーであり、少なくともニューヨークの劇場でみることはありません。なぜなら、アジア人の物まねが差別的なだけではなく、ミュージカルというジャンルでアジア人の役がただでさえ少ない中、白人がアジア人の役を奪ってしまうからです。ちなみに、その反動ともみてとれる傾向で、近年理想とされるのが「color blind casting」といい、白人の役に白人以外の役者のキャスティング(例えば、『レ・ミゼラブル』のジャベール役に黒人のノーム・ルイスさんのキャスティングなど)が増えてきているくらいです。もちろん、これは、人種が物語の展開に関係のない作品だけにしか適用されません。例えば、メンフィスのヒューイ役に黒人をキャスティングした場合、物語の展開に支障をきたすので、それはあり得ません。笑

 
もとい、『王様と私』という作品を、アメリカでいうところのいわゆる「お茶の間」の作品にせしめた人物として、映画版、そしてBWAY版『The King and I』のオリジナルキャストのユル・ブリンナー(1920-1985)という人物がいます。彼は、そのパフォーマンスでアカデミー賞とトニー賞を受賞し、王様という役の型ともいえるものを作り上げました。ブリンナーさんは、実はモンゴル人とのクォーターだそうです。アジア人の血が少し混じっていますが、それでも、やはりYellow faceをした上で王様役を演じていました。

ブリンナーさんのイメージが強い王様の役を渡辺さんが演じるということは、とてつもないプレッシャーに違いないにせよ、渡辺さんには、ブリンナーさんにはなかったauthenticity(本物であること)があります。

王様と私

まず、100%アジア人であることが一つ。(←ここ大事です。)

そして、二つ目は、ニューヨークでアメリカ最高峰のBWAYでミュージカルに初挑戦することが、欧米の文化を学び取り入れようとしたタイの王と少なからず境遇を共にしているということです。

実は、「color bling casting」より以前に、今のニューヨークで何よりもキャスティングで求められるのが、役そのものに一番近い役者を探してくる事なのです。だからこそ、不思議と、渡辺謙さん以上に王様役にぴったりな役者はいない気がしました。

王様と私5

そして、先日のプレビュー公演初日では、渡辺さんは見事に貫禄のある王様役を、とても説得力をもって演じられました。

本公演初日の幕が上るまであと5日!進化しつづける渡辺さんの『王様と私』、大成功に期待します!

 
(**)おまけ!アジア人に扮したイタイ白人シリーズです。笑

BWAY特派員・辛源

 
 

shingen150411BWAY特派員・辛源のミュージカルレポートVol.2は、『Finding Neverland』です!『ピーターパン』の作者がピーターパンのモデルとなった少年と出会い、物語を完成させるまでを描いたお話。お楽しみに♪

『王様と私』に出演している辛源さんの俳優仲間と終演後にパシャリ&パシャリ(↓)

  • SHINGEN04118Diane Phelanさん ♪
  • SHINGEN04119Kelvin Moon Lohさん♪

 

■□■BUTAKOME☆Information■□■

『王様と私(The King and I)』
 
出演:ケリー・オハラ、渡辺謙 他

プレビュー公演 :2015年3月12日(木)~4月15日(水)
公     演 :2015年4月16日(木)~2016年1月3日(日)
※渡辺謙さんの出演は7月中旬頃までの予定。購入時に要確認。

劇場:Vivian Beaumont Theater (Lincoln Center)
   150 West 65th Street(MAP)
   地下鉄ライン:1, 2 「66 St – Lincoln Center駅」
   
時間:基本スケジュール
   火 19:00 / 水・土 14:00・20:00 / 木 19:00 / 金 20:00 / 日 15:00 / 月 休演日
   ※例外スケジュールあり。スケジュール詳細は公式サイトでご確認ください
 
※「王様と私」公式サイトhttp://www.lct.org/shows/king-and-i/

 
【BUTAKOME☆BWAY観劇ナビ】
日本で&NYで! 簡単・お得なブロードウェイチケット購入法ページをCheck it!

【リビコミュ】
憧れのブロードウェイについて話しましょう♪

 

辛源(Shin Gen)

プロフィール

イギリスと韓国の両親のもとロンドンで生まれる。中学・高校時代を神戸で過ごし、17歳の時、1年間韓国の高校へ留学。早稲田大学卒。
2008年、東宝シアタークリエにてブロードウェイミュージカル『RENT』でエンジェル役として舞台デビュー。以来、『ロッキーホラーショー』『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』『ドラキュラ』『ネクスト・トゥ・ノーマル』『BARE』等に出演。
2012年、ニューヨークのT. Schreiber Studio正規課程を修了後、アーティストグリーンカードを取得。ニューヨークの事務所と契約し、ニューヨークフリンジフェスティバル、『The History Boys』『167 Tongues』『Miss Saigon(Thuy役、Playhouse on the Square劇場)』等をはじめ、現地にて舞台に積極的に出演中。
舞台の他にSAMSUNG、SONY、 ABC-マート、アサヒ、グリコ等のCMに出演。NHKの北米向け情報番組「テレビジャパンCLUB」のメインキャスター。ミュージカルワークショッププロジェクト「ブロードウェイ・イン・ジャパン」副代表。

ウェブサイト:www.genshinactor.net

 

■□■辛源さん☆Information■□■
 

ラストファイブイヤーズ

 

ブロードウェイ・イン・ジャパン presents
『THE LAST FIVE YEARS in concert ~ラスト・ファイブ・イヤーズ in Concert~』
 

アメリカでカルト的人気を誇るミュージカル『ラスト・ファイブ・イヤーズ』をコンサートとして上演!

本作はオフ・ブロードウェイにて2002年に初演、2013年に再演。作詞・作曲のジェーソン・ロバート・ブラウンさんは、29歳という若さでトニー賞を受賞。
日本では、このミュージカルを山本耕史さん主演で3回上演され人気を博した。最近では映画版も上映されて更なる注目を集めている。
 
ニューヨーク、一組の男女の5年間の愛の軌跡。男は女を愛した瞬間から彼女のもとを去るまで、女は男に去られた瞬間から彼と出会ったころまでと、逆行する時間軸で男女のすれ違う想いを14曲のナンバーでつづられる。
 
辛源さんのジェイミー、ラフルアー宮沢エマさんのキャシーに乞うご期待!!

 
【実施概要】
 
作詞・作曲:JASON ROBERT BROWN
 
出演:辛源 (ジェイミー役)、ラフルアー宮沢エマ(キャシー役)
 
演出:高良結香
 
バンド:小澤時史(キーボード)、佐藤宏之(ギター)、須原杏(ヴァイオリン)、松尾佳奈(チェロ1)、郷田祐美子(チェロ2)、濱田織人(ベース)
 
日時:
6月16日(火)19:30開演(18:00開場) SOLD OUT
6月17日(水)13:30開演(12:00開場)
6月17日(水)19:30開演(18:00開場) SOLD OUT

※上演時間90分(休憩なし)
 
料金:全席指定 7,000円
※当日会場にて「ドリンク」「お料理」など1オーダー(別途料金)必要
 
会場:Music Restaurant La Donna(渋谷区神宮前)
アクセスMAP・客席レイアウトなど詳細はラ ドーナHP
 
お申込み:
Music Restaurant La Donna 
①電話予約:TEL03-5775-6775 (受け付け時間15:30~22:00/不定休)※チケット代は事前に「銀行振り込み」
 
②Web予約:
■6月16日・17日「夜の部」公演の予約は コチラ
■6月17日「昼の部」公演の予約は コチラ

※チケット代は事前に「クレジットカード支払い」

 

BUTAKOME☆NEWS

WOWOWが今年も生中継!!
『第69回トニー賞受賞式』6月8日(月)午前8時放送
 
WOWOW「トニー賞」詳細は
★★★WOWOW『第69回トニー賞』公式サイトへ★★★

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん