ニューヨークから直送!最新ブロードウェイレポート

BWAY特派員・辛源のミュージカルレポートVol.4☆『Fun Home』

2015/06/06


 

Fun HomeCircle in the Square Theatre

(左から右)ジュディ・キューン、オスカー・ウィリアムス、ゼル・スティール・モロー、シドニー・ルーカス、マイケル・サーヴェリス
(c)Joan Marcus

 

対照的な存在の親子としてのアリソンとブルース:

「スパルタな私に対し父はアテネ。モダンに対しヴィクトリアン。タフに対しヤワ。実利主義に対し唯美主義」

そして極めつけは、誰よりも「真実」を追求するアリソンに対し、「真実」を墓場までもっていった父。

ひも解かれる「真実」には、先生だった父が生徒の男子と関係をもっていたこと、その事実を母親がずっと知っていたこと、など。

Fun HomeCircle in the Square Theatre

シドニー・ルーカス、マイケル・サーヴェリス
(c)Joan Marcus

 

Janine Tesoriの作曲も秀逸です。
例えば、劇中曲の“Telephone Wire”では、「言いたいけど言えない」「言ってほしい」という衝動を、音楽を通して具現化し、それがLisa Kronの詩と一体化され、比喩を挟んだ見事な場面になっています。そのもどかしさは、リアリティーをもって描かれています。

 

僕はこの作品を観る一年前、パブリックシアターで上演し話題になっていたころにキャストアルバムを入手し、聞き込んでいました。メロディーが覚えやすいわけでもないし、音楽が突如変わっては戻ったりと、正直、アルバムだけを聞いていると聞きづらい曲もありました。Easy Listeningでは決してないのです。でもそれは、その音楽が演技やキャラクターの感情の導線と一体化して作られた結果であるためで、劇場で役者が演じるのをみたときに初めて、しっくりきました。今では、それ以外の音楽は考えられません。

 
なんだかんだ言って、衝撃的な作品です。ミュージカル史に残る一つの金字塔、そして、『RENT』のように、今後のミュージカルに色濃く影響を与えていく作品だと思います。(*4)
 

Fun HomeCircle in the Square Theatre

シドニー・ルーカス、ベス・マローン、エミリー・スケッグス
(c)Joan Marcus

 

*4 ちなみに、90年代にミュージカルの可能性を大きく広げた『RENT』の影響については、僕のブログの「RENT前作品とRENT後作品の違い」という記事に書いています。

 

BWAY特派員・辛源

 

■□■BUTAKOME☆Information■□■

『Fun Home』
 
出演:『Fun Home』公式HP「MEET THE FAMILY」ページ

公演:2016年1月3日(日)まで上演中

時間:基本スケジュール
火 19:00 / 水・土 14:00・20:00 / 木・金 20:00 / 日 15:00 / 月 休演日

劇場:Circle in the Square Theatre
235 West 50th Street(MAP)

※「Fun Home」公式サイトhttp://funhomebroadway.com/

 
※関連ページ
【BUTAKOME☆BWAY観劇ナビ】
日本で&NYで! 簡単・お得なブロードウェイチケット購入法ページをCheck it!

【リビコミュ】
憧れのブロードウェイについて話しましょう♪

 

■□■辛源さん☆Information■□■
 

ラストファイブイヤーズ

 

ブロードウェイ・イン・ジャパン presents
『THE LAST FIVE YEARS in concert ~ラスト・ファイブ・イヤーズ in Concert~』
 

アメリカでカルト的人気を誇るミュージカル『ラスト・ファイブ・イヤーズ』をコンサートとして上演!

本作はオフ・ブロードウェイにて2002年に初演、2013年に再演。作詞・作曲のジェーソン・ロバート・ブラウンさんは、29歳という若さでトニー賞を受賞。
日本では、このミュージカルを山本耕史さん主演で3回上演され人気を博した。最近では映画版も上映されて更なる注目を集めている。
 
ニューヨーク、一組の男女の5年間の愛の軌跡。男は女を愛した瞬間から彼女のもとを去るまで、女は男に去られた瞬間から彼と出会ったころまでと、逆行する時間軸で男女のすれ違う想いを14曲のナンバーでつづられる。
 
辛源さんのジェイミー、ラフルアー宮沢エマさんのキャシーに乞うご期待!!

 
【実施概要】
 
作詞・作曲:JASON ROBERT BROWN
 
出演:辛源 (ジェイミー役)、ラフルアー宮沢エマ(キャシー役)
 
演出:高良結香
 
バンド:小澤時史(キーボード)、佐藤宏之(ギター)、須原杏(ヴァイオリン)、松尾佳奈(チェロ1)、郷田祐美子(チェロ2)、濱田織人(ベース)
 
日時:
6月16日(火)19:30開演(18:00開場) SOLD OUT
6月17日(水)13:30開演(12:00開場)
6月17日(水)19:30開演(18:00開場) SOLD OUT

※上演時間90分(休憩なし)
 
料金:全席指定 7,000円
※当日会場にて「ドリンク」「お料理」など1オーダー(別途料金)必要
 
会場:Music Restaurant La Donna(渋谷区神宮前)
アクセスMAP・客席レイアウトなど詳細はラ ドーナHP

お申込み:
Music Restaurant La Donna 
①電話予約:TEL03-5775-6775 (受け付け時間15:30~22:00/不定休)※チケット代は事前に「銀行振り込み」
 
②Web予約:
■6月16日・17日「夜の部」公演の予約は コチラ
■6月17日「昼の部」公演の予約は コチラ

※チケット代は事前に「クレジットカード支払い」

 

辛源(Shin Gen)

プロフィール

イギリスと韓国の両親のもとロンドンで生まれる。中学・高校時代を神戸で過ごし、17歳の時、1年間韓国の高校へ留学。早稲田大学卒。
2008年、東宝シアタークリエにてブロードウェイミュージカル『RENT』でエンジェル役として舞台デビュー。以来、『ロッキーホラーショー』『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』『ドラキュラ』『ネクスト・トゥ・ノーマル』『BARE』等に出演。
2012年、ニューヨークのT. Schreiber Studio正規課程を修了後、アーティストグリーンカードを取得。ニューヨークの事務所と契約し、ニューヨークフリンジフェスティバル、『The History Boys』『167 Tongues』『Miss Saigon(Thuy役、Playhouse on the Square劇場)』等をはじめ、現地にて舞台に積極的に出演中。
舞台の他にSAMSUNG、SONY、 ABC-マート、アサヒ、グリコ等のCMに出演。NHKの北米向け情報番組「テレビジャパンCLUB」のメインキャスター。ミュージカルワークショッププロジェクト「ブロードウェイ・イン・ジャパン」副代表。

ウェブサイト:www.genshinactor.net

 

BUTAKOME☆NEWS

WOWOWが今年も生中継!!
『第69回トニー賞受賞式』6月8日(月)午前8時放送

★★★WOWOW『第69回トニー賞』公式サイトへ★★★

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん