ニューヨークから直送!最新ブロードウェイレポート

【BWAY特派員・辛源の「第70回トニー賞」ノミネート作品レポート】Vol.1 トニー賞史上最多13部門16ノミネート☆ミュージカル『ハミルトン』とはいったい?!

2016/06/01


 

ハミルトン2

(c)Hamilton Broadway Photo by Joan Marcus

 
一方の『ハミルトン』はというと、「設定が有色人種の時のみ起用する」というルールはおろか、colorblind castingの主だった業界の起用基準(有色人種のアクターを一人か二人起用する)を丸々無視し、作中に出てくる歴史上実在する白人の人物が元のプリンシパルキャラクターを、ほぼ全員黒人とヒスパニックのアクターでキャスティングしてのけたのです!それどころか、とってつけたように、作中でてくる出落ちキャラのジョージ王のみ白人という設定にしたのです。

ハミルトン3

(c)Hamilton Broadway Photo by Joan Marcus

 
ではなぜ、歴史上全員白人のキャラクターを白人でないキャスティングをしても許容されるでしょうか。それは2つ目の注目点、『ハミルトン』が「ヒップホップミュージカル」であるところが大きいのです。ヒップホップカルチャーは、主に黒人とヒスパニックの音楽としてルーツをもつことから、作品のスタイルに即しているのが黒人とヒスパニックのラッパーたちによるパフォーマンスなのです。

しかも、この「ラップ」という音楽のスタイルはエンターテイメント性が高く、実はミュージカルにとても合っているのです。なぜなら、スピードが速いために通常のミュージカルの2倍も3倍もの情報量を歌詞の中に詰め込むことができるので、オーディエンスは片時も情報を聞き逃すまいと、飽きることなく作品にのめり込むことができるのです。

Lin氏本人がミュージカルオタクでありながらヒップホップの歴史も熟知しており、さらにフリースタイルラッパーであることから、この二つの全く異なるスタイルを見事に融合させました。教育的価値のある歴史モノでありながら、今の世代が聴き慣れているヒップホップ調の音楽と歌詞、さらに現代の価値観に合ったストーリー、そしてアメリカ人を構成する移民の物語であるところなど、様々なアメリカンな要素が上手くハマったのです。

ハミルトン4

(c)Hamilton Broadway Photo by Joan Marcus

 

ハミルトン5

(c)Hamilton Broadway Photo by Joan Marcus

 
そんな『ハミルトン』ですが、人気の高さゆえチケット価格は高騰し、半年後のチケットすら取りづらい状態です。様々なセレブリティーやオバマ大統領夫妻までもが『ハミルトン』を観に来ているのですが、皮肉なことにチケットの高さゆえか、僕が行った時は、オーディエンスを見回すとほとんど白人層で客席が埋め尽くされており、なんとも不甲斐ない感覚にさせられました。それでも、Lin氏及び『ハミルトン』のプロデューサーは低所得地域の学校の生徒を招待するプログラムを発表したり、安く買えるくじ引きチケットのロッタリーチケットを継続的に売り、所得の高さに関わらず『ハミルトン』を広く若い世代に観てもらえるよう尽力しているようです。
 

『ハミルトン』ですが、『RENT』以降、今世紀初めて生まれた「真のアメリカンミュージカル」といえるのかもしれません。

 
日本版でももちろん上演して欲しいと思うのですが、翻訳の問題、ラッパーを起用するのか俳優を起用するのか、そして人種のテーマ、一体どのような形になるのか、想像もつきません!楽しみですね。ニューヨークに行く予定が半年前から分かっている方は、チケットの予約を今からオススメします!!Good Luck!

 

BWAY特派員・辛源

 

【こぼれ話】
辛源さん『ハミルトン』アカペラバージョンをツイッターにUP!
それを、なんと!リン・マニュエルミランダ氏がリツィート~☆凄い!!(≧▽≦)
 

辛源(Shin Gen)

 

SHINGEN0601

 
イギリスと韓国の両親のもとロンドンで生まれる。中学・高校時代を神戸で過ごし、17歳の時、1年間韓国の高校へ留学。早稲田大学卒。
2008年、東宝シアタークリエにてブロードウェイミュージカル『RENT』でエンジェル役として舞台デビュー。以来、『ロッキーホラーショー』『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』『ドラキュラ』『ネクスト・トゥ・ノーマル』『BARE』等に出演。
2012年、ニューヨークのT. Schreiber Studio正規課程を修了後、アーティストグリーンカードを取得。ニューヨークの事務所と契約し、ニューヨークフリンジフェスティバル、『The History Boys』『167 Tongues』『Miss Saigon(Thuy役、Playhouse on the Square劇場)』等をはじめ、現地にて舞台に積極的に出演中。
舞台の他にSAMSUNG、SONY、 ABC-マート、アサヒ、グリコ等のCMに出演。NHKの北米向け情報番組「テレビジャパンCLUB」のメインキャスター。ミュージカルワークショッププロジェクト「ブロードウェイ・イン・ジャパン」副代表。

ウェブサイト:www.genshinactor.net
公式Twitter

 
※関連ページ
【BUTAKOME☆BWAY観劇ナビ】
日本で&NYで! 簡単・お得なブロードウェイチケット購入法ページをCheck it!

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん