カテゴリー

最新記事

ニューヨークから直送!最新ブロードウェイレポート

【BWAY特派員・辛源の「第70回トニー賞」ノミネート作品レポート】Vol.2 ミュージカル『ウェイトレス』

2016/06/09


 

 
さて、『Waitress』では、比喩を使った興味深い演出技法が用いられています。それは、ジェナが作るパイにからめた表現です。ジェナは毎日ダイナーで<その日限りの特製パイ>を作るのですが、その日の気分を表した名前をつけます。例えば<私は夫が大嫌いパイ>や<大変なことになっちゃったよパイ>、<浮気しちゃてるけどもういいやパイ>*筆者訳。甘いものも辛いものも、材料も全てその時の気分次第。ジェナの身に何かが起こると、決まって新しいパイを頭の中で発明していきます。次第にパイがジェナの気持ちを代弁する媒体となり、後半のクライマックス曲「She Used to Be Mine」につながっていきます。

 
こちら(▼)は作詞・作曲家のサラさん自身が歌ったバージョン。是非、聞いてみてください!

 

DVなどの重いテーマを扱いながらも、終始テンポよく、コメディー色豊かで、誰もが共感できる作品でした。

 
それにしても、『マディソン郡の橋』といい、『ウェイトレス』といい、一般的には不道徳とされる不倫真っ只中の主人公たちなのに、なぜか応援してしまう作品です。

「人生は複雑で、若い時の決断ゆえ置かれている現状が、実は今の自分の望むことではない」

という点が共通し、観る人はそこに共感するのかもしれません。作中、Keala Settleが演じる3枚目キャラのベッキーのセリフで、ジェナに、ダイナーのマスターとの浮気を問い詰められた時の返事。

「(不倫するくらいなら)なぜダンナと別れないかって?結婚30年目にして寝たきりのダンナと離婚する冷たい女がどこにいるのよ?!(*筆者訳)」。

客席からは大きなため息と笑いが起きました。

映画や小説でよくあったテーマが、ミュージカルでも見られるようになってきたということは、ミュージカルが本当の意味で現実を反映する等身大なアートになってきたということの表れだと思います。この流れ、僕、嫌いじゃないです。

 

BWAY特派員・辛源

 

 
■特派員・辛源の「第70回トニー賞」ノミネート作品レポート
Vol.1 『ハミルトン』

 

辛源(Shin Gen)

 

SHINGEN0601

 
イギリスと韓国の両親のもとロンドンで生まれる。中学・高校時代を神戸で過ごし、17歳の時、1年間韓国の高校へ留学。早稲田大学卒。
2008年、東宝シアタークリエにてブロードウェイミュージカル『RENT』でエンジェル役として舞台デビュー。以来、『ロッキーホラーショー』『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』『ドラキュラ』『ネクスト・トゥ・ノーマル』『BARE』等に出演。
2012年、ニューヨークのT. Schreiber Studio正規課程を修了後、アーティストグリーンカードを取得。ニューヨークの事務所と契約し、ニューヨークフリンジフェスティバル、『The History Boys』『167 Tongues』『Miss Saigon(Thuy役、Playhouse on the Square劇場)』等をはじめ、現地にて舞台に積極的に出演中。
舞台の他にSAMSUNG、SONY、 ABC-マート、アサヒ、グリコ等のCMに出演。NHKの北米向け情報番組「テレビジャパンCLUB」のメインキャスター。ミュージカルワークショッププロジェクト「ブロードウェイ・イン・ジャパン」副代表。

ウェブサイト:www.genshinactor.net
公式Twitter

 
※関連ページ
【BUTAKOME☆BWAY観劇ナビ】
日本で&NYで! 簡単・お得なブロードウェイチケット購入法ページをCheck it!

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

フランク・ワイルドホーン、城田優

フランク・ワイルドホーンpresents 『Special Musical C...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/04/30

速報【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪】平成最後の対談のお相手は伊礼彼方..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/04/30

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十三.「わからないことをずっと追い..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/05/22NEW

尾上松也のエンタメ異文化交流録▷『レ・ミゼラブル』~愛情深さがにじみ..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん